【2014 J1 第29節:浦和戦】勝ち点1とるも順位は降格圏へ


時間ないので手短に

少し前に352はやったことあるとはいえ、準備期間が少ないこの試合で採用したのは意外

しかし、効果はてきめん

那須と阿部にこちらの阿部とキリノをぶつけてビルドアップを制限
ボランチ3枚が中盤を担当しなければいけないが一本のサイドチェンジを通す選手はなかなかいないので
逆サイドはサイドチェンジしてる間にボランチのスライドで間に合うという寸法

むしろ、浦和は逆サイドが空いてるばかりにサイドへの意識が高まって一番怖い縦の楔が少なかった

甲府の方は攻撃でも前線に2枚いるのでボールの収まりが1トップよりはるかに良く
攻撃に移った際も結構浦和の陣地に侵入できる

ボール保持はもちろん圧倒的に浦和だけど甲府のペースでやれていたという前半

浦和は鈴木も最終ラインにさげて後ろを3枚で回し始めるなど対応して
徐々にパスの回りがよくなったが甲府を崩すシーンはほとんどなく一番可能性あったのはカウンターだった



後半は浦和が攻勢にかける

甲府のビルドアップをそうそうに潰そうとする狙いで中盤での圧力が強くなる
さらに槙野を左サイドの高い位置にあげ、梅崎は完全にシャドーのポジション
中央に興梠と李が待ち構えるという変則的なカタチで甲府の右サイドを狙い撃ち

甲府はクリスティアーノを投入して3421で中盤とサイドの守備を強化
ジウシーニョも出来る限りひっぱって松橋にチェンジ

だんだん疲れの影響もあってかミドルやセットプレーであわやというシーンをつくられるものの
浦和相手に全くピンチ無く終わることはありえないのであれぐらいは許容範囲


終盤には前がかりになった浦和の裏をついたクリスの決定機が決まっていれば
完璧ではあったが狙った展開で勝ち点1とったことが大事



他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :729回】大波乱 | Home | 【toto予想 結果:728回】波乱万丈

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する