【2014 J1 第32節:広島戦】来年もJ1で


お互い攻→守の切り替えが早く、なかなか相手の守備ブロックを崩せる試合ではなかった
広島は徹底して甲府の守備ブッロクを崩そうと我慢してやっていたが
甲府は盛田→クリスティアーノの交代によってカウンターにシフトしたことでチャンスを演出


もちろん塩谷や佐藤寿人のシュートが決まっていたら結果は違っていたかもしれない
ポストとバーに2回当てられる試合なんてほとんどないから今日は運もあった
ただ、運だけでは勝ち点3は得られない


柏対策など選手投入も含めた90分間のデザインは非常に緻密でそれを選手が遂行したからこその勝利
チームの最大値をどのタイミングで出すのか、今季追及してきたテーマを選手がピッチで表現した
試合ごとにヒーローが変わっていることも選手全員が同じ絵を描けている証拠
38歳も大卒ルーキーも関係なく大事な戦力になっている
今節で残留が決まったとはいえ、このチームはまだまだ出来る
そんな思いにさせてくれる試合だった


まあ、何はともあれ2015シーズンもJ1にいられることを喜びましょう




他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
城福監督、今季限りで退任へ | Home | 【toto予想 :734回】ラス3

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する