来期のチーム編成


現時点で決まっているのは以下の通り

OUT 
城福監督、小倉コーチ
井澤、水野

IN
樋口監督(横浜M)
伊東(神奈川大学)
熊谷(仙台育英高校)


コーチは近いうちに発表できるとのことなのでほぼ決まっていると思います



問題は選手

まず、最初に考えなければいけないのはA契約の枠

・A契約は1チーム25人まで
・外国人は通常の3枠+アジア
1枠+提携国1



現時点の編成で来期のA契約が(ポジションは適当)
GK 荻、岡
DF 佐々木、山本、青山、土屋、津田
MF 阿部翔、パラナ、新井、ジウシーニョ、福田、松橋、下田、保坂、稲垣、橋爪
FW 阿部拓、盛田、石原、河本、キリノ、クリスティアーノ、イルファン
計 24名

つまり今のメンバーでは1人しか補強できない
外国人に関しても枠がいっぱい


今日のサンニチをみるとFWで外国人選手と日本人選手の交渉をしていると書いてある
そうなると外国人は誰かが退団することになり、日本人選手もこの1人で上限一杯になり
次の補強からは誰かを放出しなければいけない

例えばガンバの河田にオファーしてるという記事があったがこのオファーも
同じポジションの荻や岡、または他のポジションの選手を放出する必要が出てくる

レンタルで出ている堀米や金子もこのままでは戻すに戻せない


しかし、クラブ側からの契約満了、いわゆる0円提示の通告は
リーグ戦終了後5日以内に行わなければいけないというルールがあるので
一方的に契約満了を言い渡すことはもう出来ない
(メディアに発表していないだけというのもあるかもしれないが・・・・)

※追記
1月1日~31日以外の日が契約満了となっていると満了日より2週間前までが通告期日。
今季は天皇杯の決勝戦が12月に行われたので通例の日程とは異なる日で契約してる可能性が高い。
つまり、12月31日が契約期間の満了日に設定されてたとすると17日まで、
補強の進捗によってはまだ、一方的に切られる可能性がある。

調べてみたらキリノの契約期間も12月31日に設定されていた。


それを踏まえると簡単には移籍が確定しない状況にあると言える
仮に新しい選手と仮契約できても既存の選手の受け入れ先が見つからないと枠が空かない
そうなると正式契約も出来ないし公式リリースも遅くなる


他のチームの動きを観て不安になる人は僕も含めていると思うがこの状況はまだまだ続きそう

昨年の盛田再契約やFW補強の失敗も考えるとなおさら慎重にならざるを得ないだろう






他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
来期のチーム編成②(野田獲得) | Home | 【2014 J1 第34節:清水戦】今季8度目のスコアレス

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する