2012 J2クラブ戦力分析(モンテディオ山形)

モンテディオ山形
純和製で望む2012年。
昨季課題だった得点力をいかに底上げできるかが大きなテーマ。
主力の放出も最小限に抑えられ、持ち前の組織的な守備も計算でき
安定した戦いが期待できる。
チームとして点をとれる術を身につければ十分1年でのJ1復帰もありえる。

・昨年の成績:18位(J1) 得点23・失点64 ナビスコ1回戦、天皇杯3回戦敗退

PSM成績
2.11○3-1北九州
2.15○3-0熊本
2.18●0-2C大阪
2.18○2-0ホンダロック

・監督:奥野僚右(1年目)
草津がJFLに昇格する前選手兼監督として1年実績はあるものの監督としての
経験は0に等しい。
ただ、長年鹿島のコーチを勤めていた経験があり、そこまで悲観する必要はない。
小林前体制の良いところは残しつつ自分のカラーを出していきたい。


・移籍
長谷川、大久保、古橋と前線の選手が多く抜けたが萬代、中島と新たに
攻撃の柱になれる選手が獲得できた。
外国人選手の補強もなく目立った補強はそのくらい。
佐藤の後釜は船山になると予想されるがその他のバックアッパーに不安を覚える。

IN

DF 岡根直哉(清水)
MF 永田亮太(鳥栖)
   宮坂政樹(明治大)
   日高慶太(慶応大)
   比嘉厚平(秋田)
FW 萬代宏樹(草津)
   中島裕希(仙台)
   
OUT

GK 植草裕樹(神戸)
DF 園田拓也(愛媛) 
MF 下村東美(湘南)
   宮崎光平(徳島)
   佐藤健太郎(千葉)
   マイコン(未定) 
FW 大久保哲哉(横浜FC)
   古橋達弥(湘南)
   長谷川悠(大宮)
   エルサムニー・オサマ(未定)    


・予想フォーメーション
yamagata2012.jpg 
メンバーもあまり変わっていないところからフォーメーションも変化なしか?
4-4の守備ブロックは大きな強みだがどれだけそこから攻撃的に振る舞えるか
前線の選手だけではなくSBやボランチの上がりも時には必要になるだろう。


・キーマン
伊東俊
甲府サポとして昨年のホームでのゴールは忘れていない。
上背はないもののアジリティのあるドリブルは山形の中で非常に際立っている。
山崎、萬代と計算のできるFWが揃っているだけにサイドからたくさんチャンスを
演出することが期待される。

山形サポを含めJサポのブログは↓こちらから
     にほんブログ村 サッカーブログ           
関連記事
2012 J2クラブ戦力分析(徳島ヴォルティス) | Home | 2012 J2クラブ戦力分析(アビスパ福岡)

コメント

去年小瀬で決めましたね。

今シーズンから「10」をつけることになった彼です。

3・20に対戦楽しみです!

2012/02/22 (Wed) 21:43 | DAISUKE #sHxuQVRw | URL | 編集
DAISUKEさん

もちろん覚えてますよ。

同点ゴールでこちらは大いに失望しましたから。

こちらも楽しみです。
出来ればもう少しあとの方で対戦したかったですがw

2012/02/23 (Thu) 00:15 | ガッピル #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する