【2015 PSM :清水戦】1ヶ月にして成らず





・全体を通して


清水がどういうサッカーを目指してるのかは分からないけど
いきなり、甲府が苦手とする戦い方をしてきたなというのが最初の印象


前線から中盤にかけてのプレッシャーをなかなか掻い潜れなかった

そういう時はロングボールで相手のプレスを無力化させたかったのだが今日の前線3枚では起点になれない

なんとなく足元でボールをつないで奪われる
裏を取る意識自体はあったけど良いボールが入らない
清水の選手にとって読みやすい攻撃だった


ボールの奪いどころを昨年より高くするというテーマが注目ポイントだったが
持たされる展開になってしまってそれ依然の話だったのも残念


その中で気になったのはまず、プレーに自信がない
監督が変わって新しくチームを作っている段階だし、試合の流れが悪かったので致し方ない部分もあるが
「ここでプレスにいって抜かれたらどうしよう?」とか
「ここにパスしても大丈夫かな?」とか
そんな心理状態でやってるように見えてプレーがワンテンポ遅いように感じた



それでも、後半は少し修正できたのでそこは良かった
(相変わらずサッカーは流れが変われば展開も全然変わるなと再認識)

清水のプレスが弱まり、後半投入されたエンリケにまずまずボールがおさまった
左サイドの阿部、阿部コンビが裏をとってそこで起点がつくれたのも大きかった


ある程度、相手陣地に押し込める展開になれば苦し紛れにクリアしてきたところを
簡単に奪って2次攻撃、3次攻撃に持ち込める

しかし、サイド奥深く侵入したり、カウンターでゴール前まで運ぶけどフィニッシュまでやりきるという所は少なかったので
まだまだコンビネーションを構築するには時間が掛かりそう

あとは組み合わせの問題もあるのでそこは監督がしっかり見極めてベストなチョイスを確立して欲しい




・新加入選手について

ジバウ
新加入組みでは一番ポテンシャルの高さをみせてくれた
守備はちょっと苦手そうだったけど90分動けるスタミナもあるし、ミドルレンジのパス精度が高い
何度か1発のパスでカウンターに持ち込めそうなシーンがあった
パスの出し手がすくない今のチームでは貴重な存在で、チームに馴染めば良い武器になる

エンリケ
流れを変えた存在ではあったけど左足をおさえられた時と守備が不安

アドリアーノ
クリスと一緒で試合展開によっては1トップじゃない方が良い
今日は持ち味がでる試合ではなかった

渡邉
あまり目立ってなかったのが良かったのか悪かったのか
組み立てがちょっと怪しい

伊東
確かにスピードはありそうだし、前に仕掛ける意識は高い
ただ、間で受けてボールをさばいたりした時にミスがみられた




他の甲府サポのブログは↓こちらから
 にほんブログ村 ヴァンフォーレ甲府





ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :750回】2015シーズン開幕 | Home | 2次キャンプまとめ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する