【2015 J1 第1節:広島戦】これが現実か


いきなり、最初から上手くいくわけはない。
だから、結果に関しては受け入れる。toto予想も甲府勝利にはマークしなかった。

ただ、「ここは良かったな」という収穫が皆無。
「何から話せばいいのか、分からない」、それくらい全てにおいて悪かった。

昨季の開幕戦は0-4で負けたけど流れの中での内容は良かったし
どういうサッカーがしたいのかよく分かったから手ごたえもあった。
課題もセットプレーということで明確だった。


でも、今日の開幕戦は違う。


戦い方としてはボールを奪う位置を高くしながら、ポゼッション率もあげてくという樋口イズムではなく
昨季からの継続でリトリートした守りを選択して戦った。

結果分かったことは、昨季からの継続が保たれていなかった。

もちろん、監督も選手も変わったのだがら完成度の差が出るのは当たり前だが
樋口監督は「昨季からの守備は出来るものとしてキャンプは新しいことにチャンレンジする」と言って
チームを作ってきた。

しかし、PSMの清水戦や今日の試合を観る限り、昨季からの守備さえも出来ていない。

広島のビルドアップに中盤のフィルターはかからず、3バックも相手のFWを掴まえきれない。

では、高い位置でボールを奪う守備に関してもあっさりかわされて逆にカウンターをうけるシーンが目立った。



攻撃も3バックは比較的、楽にもてるがそこから前線に入れた楔をことごとく潰され、チャンスすらつくれず。

それを分かってかジバウが松橋のランニングにピンポイントで合わせようと裏に蹴りこんでいたのは
今日の試合で唯一、光明と言っていいプレーだったかも知れないが他は相手の裏や逆をとるような攻撃はほとんど無い。

最大の決定機も阿部からのクロスに石原が合わせたシーンだがあれも単発な攻撃だった。



挙げだしたらきりがないがとにかく、攻守においてダメだった。
これが新しいことにチャレンジしてるならまだ理解できる。

でも、今日の試合はそうではない。
今までの戦い方でやって完敗している。
PSMの清水戦で出た課題も全く修正できていない。

新しいことにチャレンジしても立ち返るところがあれば大丈夫かなと思っていたが立ち返る場所が失われていた。

54の守備ブロックをつくってるから堅い守備になるのではなく
54の守備ブロックが隙なく、しっかりプレスしてミスを誘うから堅い守備になる。

これまで苦労して積み上げてきたものはどこにいったんだ?
カタチだけ真似て本質的な部分が忘れ去られている。
だから、失望している。


それでも、今後何をしなけいればいけないのか?
現実をしっかり捉えることが出来ればこの敗戦も次につながるはず・・・・





15_hiroshima-kofu.jpg




【個人寸評】

荻・・・5.5
2失点してしまったが至近距離からの浅野のシュートをビックセーブ

畑尾・・・5.0
フィードは悪くないが相手のシャドーを潰しきれず

山本・・・5.5
佐藤に裏を取られたがそれ以外ではなんとか守備が崩壊しないよう、厳しくチェック

野田・・・5.0
縦の楔を打ちこむ意識は悪くないが精度がもうひとつ

保坂・・・5.0
青山を自由にさせすぎた

ジバウ・・・5.0
守備が荒いのは課題だが視野の広さとそこに出せる技術はなかなか良い

阿部(翔平)・・・5.5
前半はミキッチへの対応に追われてしまった
後半精度の高いクロスでチャンスをつくった

松橋・・・5.5
足元でつなぐ意識が高いチームの中で裏を狙う意識は非常に良かった

阿部(拓馬)・・・5.0
なんとか持ち前の推進力でボールを運ぼうとするも塩谷の厳しいマークにあう

石原・・・5.0
今日一番の決定機に絡んだがそれだけ

アドリアーノ・・・5.0
ボールはおさまらないし、見方への落しもミスが多く、起点になれる選手ではない

ウィリアム・・・5.0
いいところボールをもてる時間がほとんどなかった

稲垣・・・5.5
リズムを変えようと積極的にプレーはしていた

松本・・4.5
クロスの処理ミスからCKの競り合いで負ける
一瞬でも隙をみせればやられてしまうことがよく分かったであろう

樋口監督・・・4.5
今日の出来では継続とは名ばかりと言うしかない
かといって新しいチャレンジがあったとも思えない
アドリアーノの1トップも再考の余地があり、課題は山積み



ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 結果:750回】波乱少なく1等26口 | Home | 【2015 J1 第1節:広島戦 前日情報】開幕!!

コメント

No title

まだ1試合だけしかしてないので確実な事は分からないと思いますが
実際のところ、昨年からの変化はないのでしょうか?

私は少し、守備の仕方が変わってるように感じています。

2015/03/09 (Mon) 10:34 | 甲 #- | URL | 編集
No title

甲さん
コメントありがとうございます。

あんなに断言して批判しといて何なんですが実際、変化はありますね。
(フラストレーションが溜まって書いた記事だという言い訳をしときます、汗)

54の守備ブロックをつくって局面で数的優位をつくりながら守るというベースは変わらないですが
前でボールを奪う、積極的にボールを奪うという意識はいくつかの局面でみられました。

甲府が相手陣地の奥深くに侵入でき、相手のビルドアップの体制が万全な状態でない時は
前線3人と保坂が積極的にプレスをかけて奪おうとするシーンがありました。

また、54の守備ブロックを構築してリトリートしながら守っている時でも
昨年に比べると早い段階で積極的に奪う意識が見られました。

ただ、どちらもボールを奪いきれないことが多く、阿部翔のコメントにもあった様に
どこで奪うのかまだはっきりせず、良い効果をもたらしてるところまではいっておりません。
むしろ、逆にいなされて相手にスペースを与えてしまうこともありました。

もっと局面の強さ、プレスにいくかどうかの判断も早くする必要があります。

しかし、広島のビルドアップの上手さはJリーグでも1,2を争いますから
甲府の成熟度がどの程度のものなのかはまだ計りかねます。

2015/03/09 (Mon) 21:06 | ガッピル #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する