【2015 J1 第2節:名古屋戦】システム変更が功を奏す


名古屋の戦い方や選手の特徴を考えると2トップへの変更は良い判断だなと思っていたが
開幕戦の出来が酷かっただけに勝ち点3までとれるとは思っていなかった

負けが込むと落ち着いてチーム作りが出来ないのでここで勝ち点3がとれたのは非常に大きい





15_kofu-nagoya.jpg


2トップに変更することで名古屋の対策にもなったし
甲府の選手も自分の特徴を出しやすいカタチになって、采配としてはズバリ的中

守備に関してはまず、攻撃にそこまで特徴があるわけではない相手のSBをフリーにさせることでそちらに攻撃を誘導
クロスがはいってきところには荻が積極的な飛び出しでノヴァコビッチと山本のミスマッチを防いだ

高さに不安があった野田も身体能力の高さをみせて終盤のパワープレーもしっかり跳ね返した

2トップにしたことでプレスの連動性やタイミングもメリハリが付いたし
広範囲をカバーしなければいけないボランチ3人も豊富な運動量で中盤を締めた

セットプレーと永井の個人技以外は上手く押さえこんだと思う



攻撃も2トップにしたことでアドリアーノと阿部拓馬の持ち味がいきた
特に阿部拓馬はスペースが与えられたことによって伸び伸びプレーしていた

ただ、シュートはわずか5本

開幕戦に比べると大きく改善したけどまだ、まだ連携不足はあるし
中盤からのサポート含め、十分にエネルギーを攻撃に注げていない

守備がもっと安定してくれば攻撃も自信をもってやれると思うので
この試合のようにしぶとく勝ち点を稼ぎながらチームとしての戦術やバランスを確立していきたい




【個人寸評】

荻・・・6.5
クロス対応がパーフェクト

畑尾・・・6.0
相手のロングボールをしっかり跳ね返した

山本・・・6.0
ノヴァコヴィッチとミスマッチになってもおかしくはなかったが積極的な守備でしっかりおさえた

野田・・・6.0
パワープレー気味の名古屋の攻撃にもしっかりと競り合って穴にならず
攻撃ではオーバーラップして左サイドを活性化させた

新井・・・6.0
守備の面では次第点だったがビルドアップでミスが見られた

稲垣・・・6.5
抜群の運動量とボール奪取能力を遺憾なく発揮

阿部(翔平)・・・7.0
素晴らしいFKだった

石原・・・6.0
目立ったプレーは少なかったがベテランらしからぬ運動量で90分走りぬいた

松橋・・・5.5
オン・ザ・ボールのときにミスが多かった

阿部(拓馬)・・・6.5
裏に走ったり、中盤下りて起点になったり、攻撃を引率

アドリアーノ・・・6.0
シュートや自らの突破で怖い存在にはなりきれていないが
守備意識をしっかりもって玉際でも頑張れているところをみるとコンディションはあがっている

橋爪・・・ー
出場時間少なく採点不可

伊東・・ー
出場時間少なく採点不可


樋口監督・・・6.5
2次キャンプでしっかり試していたこともあって、すんなりシステム変更できた
リスクはあったかもしれないが良い判断だった



ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 結果:751回】シーズンは始まったばかり | Home | 【前日情報 2015 J1 第2節:名古屋戦】ホーム開幕戦!!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する