544回 toto予想

大一番でチャンスを物にできなかった日から中2日・・・・・。

頑張って切り替えます。

そう、今回はチームによって天皇杯から中2日と厳しい日程なのだ。

さらには代表選手はアウェイの2連戦から戻って来たばかりでこちらも気になるところ。

さらに、さらにU-22代表選手は今節と次節出場できない。

さらに、さらに、さらにいうとJ1・J2ラスト3試合。

優勝争いも残留争いも昇格争いもまさしくここからが本当の戦いなのだ。

波乱続出は免れないか!?

勇気をもって波乱を予想したものだけに当選の資格がある。

最後笑って年を超すのはこの俺だ!!


toto544.jpg 



1 浦和vs仙台  
・浦和
天皇杯は東京Vに2-1で勝利、半分近く主力を休ませての勝利は大きい。
しかしながらチームの中心である山田、濱田がU-22組で離脱した影響はあるだろう。
残留争いをしている真っ只中で絶対に勝ち点3が必要
・仙台
天皇杯は福岡に3-1で勝利、軒並み主力が出場しているのでを体調が気になる。
梁は代表帰りだが日本戦では出場がなかったし影響はさほどないか?
それよりチョ・ビョングクの出場停止の方が仙台にとっては痛い。

・対戦成績は浦和が8勝3分1敗で大きく勝ち越しておりホームでは未だ負けなし
➜データは気になるがここ最近絶好調の仙台優位は間違いないだろう
 むしろ勝利が欲しい浦和に対して鮮やかなカウンターが炸裂すると予想 2

 2 横浜Mvs名古屋
・横浜M
天皇杯では横浜Mに3-0で勝利、大半の主力は出場したのでコンディションが心配。
リーグ戦では優勝争いから脱落しここ最近は低調な試合が続いている
中澤が出場停止なので代表帰りの栗原のコンディションも重要だ

・名古屋
天皇杯では北九州に1-0で勝利、半数近くは主力を休ませられた
優勝争いの為には絶対に負けられない試合でモチベーションは高いだろう
スーパーサブの永井がU-22で出場できないのは痛いがそれでも選手層は厚い

・対戦成績は横浜Mが20勝10分17敗で勝ち越している
➜コンディションやモチベーションを考えると名古屋本命で問題ないだろう 2

 3 新潟vsG大阪
・新潟
天皇杯はJFLの松本山雅に0-1で敗戦、しかも主力を出場しての敗戦
降格圏の甲府とは勝ち点8離れてはいるのでこの試合勝利すれば残留が決まる
ただ、鈴木と酒井がU-22で離脱しているのでなかなか厳しいものがある

・G大阪
天皇杯は水戸に延長戦の末2-3で敗戦、主力も半分以上は出場している
が一番は遠藤、イ・グノのコンディション次第か?
優勝争いをする上では絶対に負けられない試合ではある

・対戦成績はG大阪が8勝4分5敗で勝ち越している 
➜ガンバ本命で問題ないと思うが新潟の波乱も可能性は捨てきれない 1・2

 4 磐田vs甲府
・磐田
天皇杯は千葉に0-1で敗戦、主力も軒並み出場しての敗戦が余計に痛い
代表の前田、駒野のコンディションはチームの要になるだけに気になるところ
さらに浦和戦で素晴らしい活躍をした山崎や山本がU-22組で離脱している
柳下監督の退任も決まりリーグ戦はほぼ消化試合状態

・甲府
天皇杯は柏に1-6で敗戦、ただ主力の大半は出場してなく影響はあまりないか
代表帰りのハーフナーの調子は気になるが出場は差ほど多くなかった
それよりパウリーニョが今節出場停止でその穴埋めが出来るかが鍵になる
残留する為には勝利が必須なだけにモチベーションは高い

・対戦成績は磐田が4勝2分1敗で勝ち越している
➜U-22組が2人離脱している磐田だが選手層的には差ほど影響はないか
 一番は甲府とのモチベーションの差でそこが試合のポイントになると予想 2

 5 広島vs川崎
・広島
天皇杯は愛媛に0-1で敗戦、主力も大半が出場していただけにショックは大きい
ただ、代表から戻る李、西川の存在は大きいので評価しにくいところ
今節ミキッチが出場停止、森崎も依然欠場濃厚でやや不安な部分もある

・川崎
天皇杯では大分に4-0で勝利、主力はほぼ全員出場している
園田、登里、安藤がU-22で招集されているが主力で出場している選手ではない
のでそんなに影響はない、それより憲剛のコンディションの方が気になる
今節勝利すれば残留は確定する為モチベーションは広島より高いか

・対戦成績は川崎の12勝7分2敗と大きく勝ち越している
➜最近の川崎の不調さが気になるが天皇杯では完勝しているので評価が分かれる
 川崎のカウンターがハマれば波乱もありそうなので両天秤で抑える 1・2

 6 山形vs福岡
・山形
天皇杯では京都に2-3で敗戦、大半の主力は出場していただけに今のチーム状況を
物語っている。前節で降格が決まりモチベーションがあがりづらいか
DFの前田が出場停止

・福岡
天皇杯では仙台に1-3で敗戦、主力もほとんどが出場している
こちらも降格が決まっており来季を見据えての試合になるか

・対戦成績は6勝12分6敗で互角
➜どちらも降格が決まってるだけになかなか予想が難しい
  データを見ても引分を抑えるのは必須だと思うがどちらを抑えるかは悩む 0・2

 7 大宮vs鹿島
・大宮
天皇杯既に敗退していた為水曜日は試合がなかった
U-22で離脱た東の影響はあるが残留へのモチベーションは高い
ただ、今期ホームでは1勝7分7敗と勝ちきれない試合が多い

・鹿島
天皇杯は延長の末富山に2-1で勝利、主力も大半が出場した
さらに岩政、中田が怪我で離脱中の為、CBに不安が残る
U-22で大迫の離脱持いたいが田代が穴埋めできる分影響はそんなにないか

・対戦成績は鹿島が9勝3分1敗と勝ち越している
➜天皇杯の結果を見てもナビスコ優勝で一気にモチベーションが下がったか
 コンディションの差もかなりある為、ここは大宮よりで問題ないか 1・0

 8 清水vs柏
・清水
天皇杯は鳥取に5-0で勝利、主力も大半が出場した
小野の怪我は痛いがリュングベリなど穴埋めできる選手は揃っている
ここ最近のリーグ戦もかなり好調でチームの雰囲気はいいはず

・柏
天皇杯は甲府に6-1で勝利、ほぼ全員のレギュラー陣を起用した
U-22で離脱する酒井の穴埋めは必須だが優勝へのモチベは高い
今期は21勝2分8敗と引分が少ないのが特徴

・対戦成績は柏が16勝3分15敗で勝ち越している
➜一見柏シングルで予想したくなるがそれはかなり危険だろう
特に清水はホームで絶対の強さ(8勝4分3敗)があるだけに要注意 1・2

 9 C大阪vs神戸
・C大阪
天皇杯では岡山に3-0で勝利、軒並み主力は出場している
U-22で離脱するのは扇原と山口で両社ともボランチというのが痛い
しかし、代表で戻る清武がいる事は大きい(コンディションは心配だが)

・神戸
天皇杯はF東京に延長戦の末1-2で敗戦、しかも大半の主力が出場した
リーグ戦では残留も決まり、モチベーションが上がりにくいところが心配される
今期アウェイの成績は3勝4分8敗と相性の悪さも気になるところ

・対戦成績はC大阪が9勝2分8敗で勝ち越している
➜なかなか難しいが天皇杯か良い流れで臨めるC大阪で勝負 1

10 東京Vvs千葉
・東京V
天皇杯は浦和に1-2で敗戦、ターンのオーバーをした浦和には勝ちたかった
千葉にも言える事だがすでに昇格への望みが消えモチベが上がりにくいか

・千葉
天皇杯は磐田に1-0で勝利、J1勢に勝利した事は大きな自信になるだろう
ただ上記で書いたとおり来季を見据えた戦いになる

・対戦成績は東京Vが21勝2分19敗で勝ち越している
➜どちらも似たような状況で予想が難しい
 スタイル的には攻撃の東京V、守備の千葉という構図
 データ的に考えると両天秤がベターな予想になるが・・・・ 1・2 

11 富山vs愛媛
・富山
天皇杯は鹿島に延長戦の末1-2で敗戦、鹿島相手を考えれば評価できる
今節は池端が出場停止

・愛媛
天皇杯は広島に1-0で勝利し、あそらくチームの雰囲気は上がってるだろう
今節内田が出場停止

・対戦成績は愛媛が3勝1分2敗で勝ち越している
➜こちらも似たような状況で難しいが天皇杯の結果では愛媛に分がある
 引分は抑えたいところなので予想は 0・2

12 鳥取vsF東京
・鳥取
天皇杯は清水に0-5で敗戦、ここ公式戦5連敗で負けが続く
得点2失点16と攻守に置いて上手くいっていない

・F東京
天皇杯は延長戦の末、神戸に2-1で勝利、ただコンディションはあまり良くないか
事実上昇格への切符は決まっているが引分以上で数字的にも決まる
代表で今野が戻ってくるのも大きい

・対戦成績は今期初対戦で前半戦はF東京が3-0で勝利している
➜コンディションはF東京の方が厳しいがそれでも波乱は考えにくい 2

13 水戸vs栃木
・水戸
天皇杯ではG大阪に延長戦の末3-2で勝利、これは大きな自信に繋がるだろう
リーグ戦では下位に低迷しおり、かなり消化試合の意味合いが強い

・栃木
天皇杯では横浜Mに0-3で敗戦、公式戦ここ5試合1勝4敗と不調が続く
ここ最近の不調は昇格への望みが消えたのとパウリーニョの離脱が大きいか

・対戦成績は水戸が4勝1分1敗で勝ち越している
➜コンディション面では水戸が不利だが勢いを買ってシングル勝負 1


ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
試合前日プレビュー J1 第32節 ジュビロ磐田vsヴァンフォーレ甲府 | Home | 543回 toto予想 結果

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する