2012 J2クラブ戦力分析(ジェフユナイテッド千葉)


ジェフユナイテッド千葉

まさかの降格から3年。そろあおろサポーターの我慢も限界に来ている。
チームの規模を考えたらJ2にいるチームではない。
ここ2年はアウェイの弱さなど勝負強さに欠けていた感はあったが一番は
監督とチームとのミスマッチが大きな原因だった。
今年は木山監督を招集し、選手の戦力も確実に上がった。
間違いなく今年はJ1復帰が最低条件だ。

・昨年の成績:6位(J2) 得点46・失点39 天皇杯4回戦敗退

PSM成績
1.29△1-1FC琉球
2.5 〇3-1鳥栖
2.7 ●0-2水原三星
2.8 〇3-1水原三星
2.14〇5-1筑波大
2.18△3-3関東大学選抜A
2.18△1-1水戸

・監督:木山隆之(1年目)
J2の中でも予算規模が決して高くない水戸を3年間指揮しており、09年では
8位にまで順位を押し上げるなどそれなりの実績がある。
しかし、千葉は水戸とは違いJ2では常に勝利が求められるクラブ。
そのプレッシャーを跳ねのけ、自らが掲げるスピーディーなパスサッカーで
最後まで戦い抜けるかが監督の力量が求められる。


・移籍
いずれもJ1でも主力として計算できそうな選手ばかりの補強。
特に荒田は水戸時代の木山監督の下でもプレー経験があるし、本格派のFWとして
オーロイ以外に計算できるストライカーだ。(もちろんタイプは同じではないが)
ルーキーの大岩もオリンピック代表候補にも選ばれており、1年目から
スタメンの座を狙ってくるだろう。
他が羨むほどの戦力が整った。

IN

DF 山口智(G大阪)
   武田英二郎(横浜M)
   大岩一貴(中央大)
MF 兵藤昭弘(柏)
   佐藤健太郎(山形)
   町田也真人(専修大)
   佐藤祥(千葉U-18)
   井出遥也(千葉U-18)
FW 藤田祥史(横浜FC)
   荒田智之(磐田)
   田中佑昌(福岡)

OUT

 
DF 茶野隆行(引退)
   ミリガン(メルボルン・ヴィクトリー)
   福元洋平(徳島)
MF 藤田俊哉(未定)
   ファン・ゲッセル(未定)
   村井慎二(大分)
   太田圭輔(徳島)
   マット・ラム(エドモントン)
   益山司(松本)
FW 大島秀夫(札幌)
   林丈統(未定)
   青木孝太(甲府)
       

・予想フォーメーション
chiba2012.jpg
昨年機能したオーロイ、深井を軸にしながらの編成になるか。
中盤は佐藤、兵藤の新戦力が主力として予想されているが同じく新戦力の
田中も十分に力はあるのでスタメンに名を連ねてもおかしくはない。
最終ラインには実績十分の山口と若手の大岩が新しく入り、抜けた茶野や
ミリガンらの穴を埋める。。


・キーマン
オーロイ
おそらく木山監督はオーロイを軸にしながらもオーロイに頼らないサッカーを
思考してくるはずだろう。
しかし、どうしてもこの人の高さは絶対に無視できない魅力であることは確か。
昨季は怪我で離脱したこともあってか5ゴールと結果としては不本意。
この人が1年間通して戦えれば間違いなくチームとしては1年間安定して
戦えることになるはず。


千葉サポを含めJサポのブログは↓こちらから
     にほんブログ村 サッカーブログ
関連記事
2012 J2クラブ戦力分析(京都サンガ) | Home | 2012 J2クラブ戦力分析(東京ヴェルディ)

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する