【2015 J1 第7節:川崎戦】火傷火に懲りず


0-0の時間を長くしてまずは川崎に気持ちよくプレーさせないという戦い方は悪くない

得点がなかなか計算できない甲府のようなチームはなるべく最小スコアでとどめて
勝ち点をひろえる可能性を残していかないとダメだから

それにボールを回されることには慣れているからある程度、我慢できる

前半で1失点してしまったけどスクランブル的な今のメンバーで出来ることを遂行していたと思う


ただ、致命的な課題がちょくちょく露呈し、後半それが決定打となった


このブログでもずっと言い続けてることだからもう書きたくないが全く直らないので今日も書くしかない

またもや、自陣での不用意なボールロストから失点してしまった

2失点目のシーンだ

プレスが来てる状態で畑尾から阿部翔にパスが送られた
阿部翔はそこでプレスをかわそうと中にボールを持ちながら横パスするも結局、失う

あんなエリアで奪われては堅守の守備ブロックを形成できたとしてもまるで意味がない

前半も何度か危ないバックパスや横パスがあったから潜在化していたけど
案の定、後半に表面化してしまった


相手のプレスがなくてつなぐことがベストな選択なら一向につないでくれて構わない
でも今の甲府は対戦相手がどこであろうと相手のプレスが強まった時に同じことが繰り返されている
いい加減、プレスを剥がせないなら剥がせないなりのやり方があるだろうと



縦ポンすることが面白くないという批判につながるかもしれないが
失点の起点になってこんな悲壮感漂う試合を繰り返すよりはよっぽどマシ

最低でも城福さんのようにやってはいけないことを徹底させて
それで出来ることを牛歩のごとく1歩、1歩増やしていく


樋口さんは一気に変えようとしすぎだ
昨年まで所属してる選手でさえ、ああいう致命的なミスをしてしまっている
しかも代わる代わる毎試合1回誰かしらがやらかしている状態
もう、どこに問題があるかは明白


これまで直接的な言葉は避けてきたがここまで変わらないならそろそろ言及していいのかもしれない

もちろん、監督が変わったからといって必ずしも勝てるようになるかはそれは分からない
ただ、選手の特徴と戦術をリンクさせられない今の現状では全く希望が見出せない

監督が変わらない、変われないなら決断するしかない


もしくは、せめてナビスコで可能性をみせてくれた若手を起用して欲しい
今の甲府にとって彼らが唯一の希望だ



ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2015 J1 第8節:浦和戦】少しの光明 | Home | 【toto予想 :761回】大波乱か超順当か

コメント

No title

今年になって3ボランチ多いですけどあれどうなんですかね?

2015/04/26 (Sun) 09:44 | 甲府サポ #- | URL | 編集
甲府サポさんへ

相手のSBがフリーになりますけど攻撃をサイドに誘導できますし
ボランチ3枚がオートマティックにスライドすればいいので
体力面ではきついですけどやれない訳ではないないと思いますよ。


ボールサイドとは逆のサイドが空きがちという弱点も
鋭いサイドチェンジを多用するチームはJではあまりないですし
あの位置からミドルをバシバシ決めてくるチームも同様に少ないです。

ただ昨日の3ボランチと3バックは初めての組み合わせで
山本もボランチやるのは久しぶりだったので機能させるのは難しい状況でしたね。


あと他に、メリットとしては前線に2枚いるのでカウンターに持ち込みやすい。
3421ですと獲ったボールを1トップにつけるしかなくて
前線まで運べないことも多いですけど2トップの場合は2つの選択肢がある。
昨日の試合も前半はシュート7本、CK4本と相手ゴール近くまで運べてました。

2015/04/26 (Sun) 11:39 | ガッピル #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する