【2015 J1 第9節:鹿島戦】課題の遅攻と収穫の速攻


今日はいくつかの運に恵まれた

ACLのためか鹿島がターンオーバーをしてきたこと
甲府の得点が鹿島のミスからはじまったこと
鹿島シュートがことごとくGKの真正面か、枠外に飛んだこと


もちろん、相手のミスを上手くついて勝ちきった試合だけど今日のような試合で次も勝てるかというとはなはだ疑問


特に前半で遅攻になったときのビルドアップの不安定さは相変わらず

鹿島が積極的にプレス来てるわけではないのに3バックで回してるだけでもパスがずれ始め、
最終的には前に放り込むか、途中でインターセプトされるような状態になってしまう
シュートにいけないならまだしも鹿島にカウンターのチャンスを与えるような失い方は非常に問題


仮に前に放り込まなきゃいけない状態になったとしても今日の1トップは盛田ではないのだから
阿部拓馬が競らなきゃいけないようなボールでは、全くもってノーチャンス
もちろん足元に正確なパスを出すことが一番いいがせめてサイドや裏にボールをいれないと
鹿島の最終ラインには全く圧力にならない


ただ、後半の速攻は今後に希望がもてるものだった
鹿島が前がかりになったことも大きいがそれでも今の甲府であれだけの決定機をつくるのだから
やはり、速攻の方が選手の特徴を出しやすいのは明確

ああいうカタチを0-0の状況でも出せるように守→攻の切り替えを速くして
ボールを後ろや横ではなく前に運ぶ意識を高めていってもらいたい
ポゼッションを全部否定するわけではないがまずはカウンターを確立するほうが優先

監督が手ごたえとしてこの試合で掴んでくれていればいいのだが果たして・・・・





15_kashima-kofu.jpg




【個人寸評】

荻・・・6.0
ハイボールの処理にシュートストップ、安定感のあるプレーで無失点に貢献

津田・・・6.0
今年はコンディションがいいのか、ミスも無く安定している

新井・・・6.0
CBは慣れないポジションでさらにカイオをマークするという難しいミッションだったが
集中した対応が出来ていた

野田・・・5.5
ビルドアップのミスがめにつく

稲垣・・・5.5
退場してしまったが豊富な運動量と献身的な守備意識で中盤を駆け回る

山本・・・5.5
チームを鼓舞しながら最後まで踏ん張ったが自身のプレーは軽率な対応も多く
守備のフィルターになりきれない場面が多かった

橋爪・・・5.5
前半は積極的に走ってボールを呼び込んだ

阿部(翔平)・・・5.5
ここ最近ミスが目立ち、疲労が懸念

伊東・・・6.5
リーグ初スタメンで連敗を止めるゴール
その後もカウンターから持ち前のスピードが生き、チャンスを量産

堀米・・5.5
安定したキープとつなぎは悪くなかったが崩しの場面であまり貢献できなかった
ようやく先発で使われたのに早い時間で交代せざるを得ない状況になったのも不満が残る

阿部(拓馬)・・・6.0
相手のミスを逃さず、伊東の得点をアシスト
連戦が続き、足の状態が気になる

アドリアーノ・・・5.0
甲府に来てようやく決定機と言えるチャンスが回ってきたのに2回とも決めきれず

パラナ・・・5.5
まだまだ、昨年のようなコンディションまでは上がってきていない

松本・・・6.0
少ない時間だったがカウンターから決定機をつくる


樋口監督・・・6.0
伊東にチャンスをあげたのは良かったがまだまだチームとしての課題は多い



ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
序盤戦の考察とバレー獲得 | Home | 【2015 J1 第8節:浦和戦】少しの光明

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する