序盤戦の考察とバレー獲得


もし、ここから甲府が浮上するならちょうどターニングポイントになりそうなので
一度、樋口甲府を振り返ってみる

まず、樋口監督が甲府に来た時に言っていたことは
「今までの守備(3バックor5バック)は継続しつつ、ポゼッションと前で奪う意識を植え付けたい」


ただ、リーグが始まって蓋を開けてみたら、
ポゼッションに関しては最終ラインでの稚拙なボールロストから失点増になり
カウンターが激減したことでシュート数の減少、得点減につながり
攻守共にメリットよりデメリットの方が多かった


前で奪う守備に関しても
マリノスのようにボール奪取能力の高い選手がいるわけでもなく
自らボールを奪いにいくスタイルとは真逆の守り方で成功していたチームなので
それを変えるのは容易ではなく、後ろに重心がある今のシステム的にも困難なミッションだった

どちらのやり方も確かに甲府の課題だが選手の特徴に合致してるとは言いがたく
やり方を変えるにしても、過去最高の成績を残したチームの意識を変えるには
選手に納得感を与える必要があった

しかし、開幕から勝利はおろか試合内容も完敗で
「果たしてこのサッカーで戦えるのだろうか?」そんな心理状態になってしまった
それでは監督の言葉も説得力が失われ、選手も自信を失って負の連鎖に陥るのは必然


それでも底は終わった(と思いたい)
これから甲府がやらなければいけない事は鹿島戦の様な成功体験を増やして自信を取り戻すこと
その為には勝利が必要な事は言うまでもないがそれを達成させるためにはどうすればいいか?


やはり、原点に立ち返るしかないだろう
今の状況から考えると樋口さんのサッカーが完成したとしてもその頃には残留争いの情勢は決してしまっている

良いサッカーがつくりあげることができたがその代わり時間がかかって降格しました、なんてことは絶対に許されない


だからこそ、ここ1,2試合の甲府のサッカーが昨年のようなサッカーに変わりつつある
まずは相手にボールをもたれても無理に奪いにいかない、粘り強く守ってミスを誘う
ここは徐々に出来ており、監督のコメントからも手ごたえを感じているよう

あとは自陣の深いエリアで奪ったボールをどう前線に運んでいくか

ここの部分でまだポゼッションを捨てきれていない
全てカウンターでいく必要はもちろんないがポゼッションの意識が強くて
せっかくカウンターでいける場面でもゆっくりとした遅攻を選択することが多い

自信を失っているチーム状況なのでミスしたくないという心理になってしまうのは仕方ないが
チャレンジしないことがリスクになることもある


そういう意味ではルーキー伊東の活躍はチームに勇気を与えるものだし
彼のような若手がどんどんチャレンジすることでベテラン選手も続いていって欲しい

さらにそれ後押しをするのがバレーの獲得
なかなかアドリアーノの生かし方が確立できず、腰痛もちの盛田も計算できない状態では
いくらカウンターの意識を強めても適切な選手を起用ができず、絵に書いたもちになってしまう

バレーのプレースタイルが変わって事ないことを願うばかりだが
ダヴィやパトリックのように1人でボールを運べる推進力のある選手が加わることで
甲府のカウンターが今以上にやりきれるようになるはず


バレーはもう少し時間が掛かるかもしれないが
直近の対戦相手を考えると今後の数試合が自信を取り戻す最大のチャンス
ここで浮上できなければが再びチームの状況は悪いものになってしまう
そうならないよう、選手の奮闘を期待したいし、もう1度、監督の決断を信じてみようと思う



ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2015 J1 第10節:松本戦】現実は甘くはない | Home | 【2015 J1 第9節:鹿島戦】課題の遅攻と収穫の速攻

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する