【2015 J1 第10節:松本戦】現実は甘くはない


新潟のように「なんでこんな良い試合してるのに勝てないんだろ?」
みたいない状況なら話は別だけど甲府はそうではない

1試合勝ったからといって今までの課題が即座に修正できるわけなかった・・・


ここまでの対戦相手が強豪だったからという意見もあったけど
いくつかの問題を克服しないと一向によくならないことが今日の試合で分かっただろう

バレーという起爆剤が残っているが彼の存在が全ての課題を解決できるのかは分からない

やはり、1つ1つの課題に目をそらさないで真摯に向き合っていかないと今の状況は変えられない





15_matsumoto-kofu.jpg


序盤は松本にボールをもたせて甲府がカウンターを狙うという展開

この試合の入りは非常に良かったけど松本もすぐ対応する

松本は甲府のカウンターを嫌がってか組み立てのリスクを排除してロングボールを前線に放り込むことを徹底
それでもセカンドへの反応や甲府がビルドアップに入ったときのプレスで仮に攻撃がつながらなくとも予防策を打つ
甲府は相手の圧力によって徐々に押し込まれていく中で、カウンターからポゼッションにシフトしていくが
相手のプレスを剥がすには最終ラインからの精度の高いつなぎが求められるようになる
さらに1トップの阿部拓馬へのプレスも強くなり、なかなか前線に運べないという展開へ次第になっていく

ただ、松本も自分達でボールを回して組み立てるという所はやはり苦手としているのか
そこまで怖い攻撃はあまりなかった
なので、お互いボールを保持するとリズムが悪くなるというまあ下位同士の対戦ではよく見られる光景

それでもセットプレーという絶対的な武器を持っている松本とまだ何の武器も確立できていない甲府
ということでその差がシュート数に現れていた前半だった



後半は風上になった影響もあり、甲府が少し攻勢を強めるが
自陣にしっかり人数をかけて守る松本の守備ブロックを崩せるほどではない

アドリアーノを投入してサイドで起点をつくりながら打開を試みるもクロスをあげても中にターゲットがいないので
カットインから崩しに入るが結局、相手のボランチに挟み込まれてボールを奪われる
奪われるだけならまだ良いがそこからカウンターに持ち込まれるシーンが多くなっていたので
シュートで終われない状況が攻守において悪くなる原因になっていた

(盛田がいればまだクロスを放り込む選択肢もあっただろうがそこがないのは甲府としてはつらいところ)



遅攻で可能性が見出せない以上、カウンターに徹したいところだが
松本みたいに遅攻を捨てきれるほどまだ割り切れてないのが今の甲府

まだちょっと自分達でやれるんじゃないかというようなボールの運び方をするし、前に人数をかける
でも実際はほとんどシュートまでもっていけるカタチがつくれていないし
相手の選手を動かすような組立ても出来ていない
それに上記で書いたようにシュートまでいけないのでカウンターを受けることも多い


お互いに戦い方や戦力が似ているクラブだけど自分達の長所と短所を分かっていて
やることが明確な松本に対して甲府はまだそれを図りきれていない

そこの差が明確に出た



あと、松本のロングスローの対応にも疑問を感じた

前節、松本と対戦した新潟は必ず、岩上選手の前に人を置いていたけど甲府はやっていなかった
あれは直接投げてくるのを妨害する意味とそれをおとりにしてショートコーナーのようにやるのを防ぐ狙いがある
なんで人を置かないのかと思いながら観ていたが案の定、後半近くにいる選手に渡されてクロスを放り込まれた

それ自体は失点につながらなかったから良かったが1つ1つ危険を潰していく緻密さが
今季の甲府にはあまり感じられない、象徴のようなシーンだった




【個人寸評】

荻・・・5.5
ハイボールの処理が多かったが安定していた、失点はいずれも責任はない

津田・・・6.0
全体的にはよくオビナをおさえていたと思う

渡邉・・・6.0
セットプレー時にオビナのマークをしていたがよく対応していた
流れの中でも身体を張ってよく跳ね返していた

野田・・・5.5
空中戦は良かったが後半、同サイドを攻められたときにおさえきれなかった

新井・・・5.5
90分通してほとんどの時間は悪くなかったが最後PKを与えてしまった

山本・・・5.5
リベロの位置と違って全方位からプレッシャーがかかり、運動量も求められるので
今までよりは負担が大きい

橋爪・・・5.5
高い位置まで運んでクロスが出来なかった時にどうするか

阿部(翔平)・・・5.5
攻撃時に質の違いを見出して欲しい選手の1人だが・・・

伊東・・・5.5
スペースに飛び出して前を向いたときは仕事するが
背負った時にどうやってプレスを剥がすかが課題

堀米・・5.5
かつてのように70分限定になってしまうのは不満だがしょうがない
ただ、それだったらでもっと決定的な仕事が出来るようにならないとダメ

阿部(拓馬)・・・6.0
相手のプレッシャーがきつかったがそれでもなんとか打開を試みた

アドリアーノ・・・5.0
サイドでボールを引き出して起点にはなっていたが・・・・

石原・・・5.0
流れを変えられるような効果的な投入にはならず


樋口監督・・・5.0
やはり、チームとしての課題はまだまだ多い
まずはやれることに徹したほうが良いのでは?


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :765回】連戦ラスト | Home | 序盤戦の考察とバレー獲得

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する