樋口監督の辞任


報知によると浦和戦後に進退伺いを出していたようですね
そこから3試合、鹿島には勝利したが松本、湘南に敗れたため、フロントが決断

バクスターの記事も含めて、監督交代あるかなと思っていたので一応、想定内かな



先日、序盤戦の考察でも書きましたがまた改めて・・・・





・迷い

昨年前での甲府は被シュート数1位、失点数2位、成績も過去最高ということで歴代のチームで最も強かった

そこで監督交代となったわけだから0からのスタートとは訳が違う
ガンバが優勝するよりも甲府の13位という成績の方が難しい、という言う記者もいましたが
優勝チームが監督交代するのがレアケースのように良い成績を残した状況での監督交代はこれまでにないものだった


樋口さんもそれを分かって甲府の依頼を受けたはずだが
今にして最初のチーム作りの段階が実は最大の山場だったのかもしれないと思うし
そこで樋口さんのやり方が果たしてよかったのかという疑問がある

このブログでも何回も書いてきたが樋口さんは今までの守備は出来るものとして
ポゼッションと前から奪う守備に着手すると1次キャンプから取り組んでいった


しかし、新しいことをやるなら、なぜそれをやるのかを納得させて理解させる必要がある

そもそも、監督自身が選手に信頼されるかも重要な問題だ




初めて今季のチームをPSMの清水戦で確認したが選手が迷いながらプレーしているという感想を強く持った
結局、その迷いはリーグ戦でも払拭できず、ここまでの状態に陥ってしまった







ピッチ内の問題は・・・

これだけ低迷し、上位陣との対戦が多かったにも関わらずボール支配率とパス数は昨年より向上している
しかし、その変化は甲府にとってよくないものだった



特に顕著だったのが最終ラインでの組立て

相手のプレッシャーを掻い潜れずに何度もボールを失い、失点の原因になってしまったし
シンプルにボールを運ばなくなったことで最終ラインが不安定になり、守備に徹するのも難しくなった
また、カウンターの回数も減ったことは攻撃にも大きなハンデとなってしまった

ただ、ここにも1つの疑念があって、城福さん時代もポゼッションにも取り組んでいた
たくさんの時間は無理だったが出来る時もあった、クリスティアーノがいなくとも日本人だけで攻撃を作ったこともあった
しかし、そういった面影も今年にはない

逆に昨年も所属した選手が致命的なミスをするようになり
何故こんなに変わったのか?全くもって不思議でならなかった







今の甲府はベテランと若手が多いので口に出してあからさまに不満を吐露する選手はあまりいない
何とか樋口さんのサッカーを体現しようと取り組んでいたがどこまで樋口さんの色を加えるのか
ほとんどの対戦相手が格上という立場でそのバランスを見出すのは容易ではなかった
試合中の選手の表情からも迷いながらやってるのが明らかだったし、プレー面でもやりきれないことが多かった
結果、「何がしたいのかよく分からない試合だった」というサポーターの言葉につながり、それが本質を突いていた


だから、昨年のサッカーをまず踏襲し、今のメンバーで結果を出し、スタンダードになるものを確認する必要があった
そこから徐々にできる部分でポゼッションや前で奪う守備にシフトしていって適切なバランスを見極める
そういう順序を踏むべきではなかったのかと個人的に感じている





もちろん、どこのクラブでも前任者の存在が大きいと後任の監督が難しい立場に置かれるのは
歴史が証明しているので簡単な事ではない
何でも揃う欧州のビッククラブでも失敗するケースがある

比較するなと言っても実際比較してしまうのが性
樋口さんは覚悟の上で来ているのだから、それを理由にしてもしょうがない


逆に満足に揃うものも揃わない甲府だからこそ様々なことに配慮しなければいけなかったがそこも十分ではなかった


例えば甲府にとっても樋口さんにとってもアドリアーノが前線の柱にならなかったことは今季の誤算の1つだ
しかし、アドリアーノが機能しないなら、他の選択肢は盛田しかいない
それなのに日程が厳しいナビスコで80分起用し、その後リーグ戦に起用できない状況にしてしまった
あの試合を観ていたらわかるが60分くらいに盛田は既に疲労困憊の様子だった



さらに盛田が起用できない状態で今度は阿部拓馬を1トップに据えるが
その阿部拓馬も中2,3日の連戦で酷使して現在、怪我で離脱している

そういった選手のマネジメントや試合中の采配でもリスクヘッジしなければいけなかったが
そこの部分でも自ら首を絞めるような事になり、大きな不満を抱かせる要因になってしまった


アプローチの段階で戦術のミスマッチによる失敗があったとしても経験ある監督なので
柔軟に対処して上手く立ち回ってくれるだろうと思っていたし、フロント陣もそれを計算していたはず

ただ、実際のところはそうではなく、見通しが甘かったと言わざるを得ない
そこに関してはフロントの責任も今後言及しなければいけないだろう





・今後

バレーの獲得含めてこれで甲府としては重要な決断を2つしたわけだからこの道を進んで成功させるしかない
佐久間監督が暫定なのか、シーズン最後までなのかは分からないが
現時点では新しい戦術を組み込めるわけでもないし、選手を補強できるわけでもないのでやるべきことははっきりしている
いきなり良くなるとは思わないがまずは出来ることを徹底していくことが自信を取り戻すきっかけになる



樋口さんに関しては厳しいミッションだったはずなのでダメな監督という烙印を押すつもりはないですが
甲府での仕事は明らかに失敗でしたし、自ら進退伺いを出した限り、監督交代も止む無しという判断になりました
だからこういうカタチでお別れになったことに同情するつもりはないです
でも、甲府という厳しい環境に置かれたクラブに魅力を感じてチャレンジしたいと思ってくれたことには敬意を払いたい
この失敗でいろんなレッテルを貼られるかもしれないがその逆境を覆して評価を上げた監督を身近に知っている
甲府での失敗があったからこそ、成長できたといつかなってくれれば幸いだし
日本サッカーのためにもそうなるように願っています




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :766回】ゆれる投票率 | Home | 【toto予想 結果:765回】大波乱の大惨敗

コメント

No title

分かりやすい分析です。
樋口さんは人としては良い方でしたから残念です。
樋口さんの為にもこれから巻き返して頑張って欲しい。

2015/05/14 (Thu) 13:06 | vfk #- | URL | 編集
vfkさん

コメントありがとうございます。

負けた試合でもきっちり受け答えするあの姿勢は好きです。

2015/05/14 (Thu) 19:10 | ガッピル #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する