【2015 J1 第12節:山形戦】再スタート


勝ったことが何よりだけどとるべき人がとって内容も甲府らしい試合だった
最下位という立場は変わらないけど進むべき道がみえたので自信を取り戻すきっかけとなるはず




15_kofu-yamagata.jpg



試合後のインタビューで「山形という相手を考えた結果、バレーを起用することが効果的だから」
と答えていたがその狙い通り、バレーの存在によって阿部拓馬ら周囲の選手が持ち味を発揮

バレーが1トップにいることで単純な競り合いでも相手の選手はなかなかクリアできないので
阿部拓馬や稲垣がそのセカンドを拾うことに注力でき、前線でのおさまりが非常に良かった
さらに積極的にドリブルで仕掛けたり、裏に走ることで早い攻撃を展開し
山形本来の前から奪う守備を無力化させることに成功した

得点シーンも相手のシャドーが同サイドに偏った時に生まれた得点で
ボランチが慌ててスライドして空けたスペースを阿部拓馬が上手く活用できた


前線で起点をつくる役割は盛田でも出来るがバレーの良いところはさらに推進力もあるところ
まだコンディションが100%ではなさそうなので回数自体は少なかったが
後半の試合展開のように1人でボールを運ぶことが要求された時でも生きる

今日のアドリアーノの投入は失敗だったが1トップのバレーが機能しそうなのは甲府にとってポジティブな収穫だ


また、守備においてもディテールの部分が少し改善された
基本的な戦い方自体は監督交代する2,3試合前から昨年のやり方に変更した感じなので
大きな変化はないが中盤が突破されそうになった時に3バックが積極的に前に出ることが徹底された

前半、それをやろうとして山本が1回裏を取られるピンチがあったのですべてが上手くいったわけではないが
危険なエリアに侵入される前にボールを奪い取れていたのでシュートを打たれることもあまりなかった
そこは佐久間監督によって修正された部分で昨年のような堅守が戻ってきたような印象




あとは後半、守備を固めてカウンター狙い一本に絞ったのは悪くない判断だと思ったが
アドリアーノを投入したことで前線が蓋になってしまい、せっかく中盤で奪っても
カウンターがやりきれない場面が多々あったのでそこの所は要改善





【個人寸評】

河田・・・6.0
ハイボールの処理を1度ミスしたが見方のバックパスを落ち着いて処理できるのは荻と違うところ

津田・・・6.0
左のCBでも今のところ悪くない

土屋・・・6.0
前半は攻撃にも関与しようと積極的な姿勢があった
ここ2,3試合ベンチにも入ってなかったので心配だったが長期離脱から完全に復帰できたようだ

山本・・・6.0
上記にも書いたとおり、前半インターセプトの意識が強すぎて裏をとられた場面があったが
それ以外では集中した守備で昨年のような堅守を構築

新井・・・6.0
阿部拓馬のゴールをアシストしたが
後半、カウンターの対応が悪く、不必要な警告をもらう

パラナ・・・6.0
PKのジャッジは置いといてボランチがあのエリアまで侵入できていることが今までになかったこと

橋爪・・・6.0 
攻撃ではおとなしかったが守備では対面する選手を完璧におさえた

阿部(翔平)・・・6.0
序盤のセットプレーで好機をつくる

阿部(拓馬)・・・6.5
前線での役割分担が成功し、崩しの局面で突破力がいかんなく発揮された

稲垣・・6.0
ハリル監督が指摘するインテンシティの部分で違いをみせれる選手
あとはチャンスの場面で決めきればもう1段階、高みを目指せる

バレー・・・6.5
PKを決めたことだけではなく、流れの中でもよく効いていた

アドリアーノ・・・5.0
もっと危機感をもってやらないと

伊東・・・ー
カウンターが有効な展開だったのでもっと早くつかってあげたかった


佐久間監督・・・6.5
短期間でチームの方向性を明確にし、細かい部分にも気を使って徹底させた
あとはアドリアーノ投入の是非含めてカウンター時の人選やメカニズムをしっかりと構築させたい


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2015 ナビスコ 第5節:F東京戦】前節に引き続き奮闘した若手 | Home | 【toto予想 :766回】ゆれる投票率

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する