【2015 ナビスコ 第5節:F東京戦】前節に引き続き奮闘した若手



FC東京の攻撃がサイドからのクロスとセットプレーが多かったので
それなりに安定して守れてましたけど太田のキックはさすがですね
3バックでしっかり中央をケアしてるとはいえ、速くて精度の高いボールがぼんぼん入ってくるので
クリアが精一杯でなかなか前線につなげない展開でした

それでも何度かFC東京のプレスを掻い潜ってチャンスを作った場面があったので
1ヶ月前に対戦した試合とは大分印象が違いますし、若手主体だったことを考えれば雲泥の差

最後はFC東京にもってかれましたけど1点差を追いついたことは収穫ですし
得点の形も甲府の理想とするカウンターでのゴールだったのでこれは決めた松本にとっても自信になりますね


リーグ戦で先発したメンバーのほとんどがベンチにも入らない試合でしたが
前節の新潟戦に続いて若手にとって良い経験になりました

あとはナビスコだけで満足するのではなく、これをどうリーグ戦につなげるか
ベテランからレギュラーを奪い取るような台頭を期待したい






ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :768回】淡々と予想 | Home | 【2015 J1 第12節:山形戦】再スタート

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する