【2015 J1 第14節:新潟戦】3連勝






15_nigata-kofu.jpg



・開始早々、バレーの負傷交代

ウォーミングアップ中から違和感があったらしいのでベンチは想定内だっただろうけど
キーマンの1人だったこともあって甲府としては嫌な立ち上がり

ただ、新潟がアグレッシブにどんどん攻めて来る感じではなく、甲府の最終ラインの裏に放り込むことが多く
その精度もいまひとつだったので甲府としては落ち着いて試合を進められた

伊東もしっかり準備してたのかすんなり試合に入ることが出来た


全体的にこう着状態が続いていたという前半だったが
先制点は新潟のカウンターを高い位置で奪ったところから生まれた


相手のミスからということで偶然の要素があったかもしれないが高い位置で奪ってのショートカウンターは
樋口さんのときから甲府のやりたい攻撃パターンの1つだったのでここにきてそういう形がつくれたのは収穫
前半終了間際ということで良い時間帯でとれたのも非常に大きかった




後半は新潟が2枚替えし、左サイドのコルテースを中心に攻勢をかけてきた

なんとか3バックの3人がクロスを弾き返していたので何とか失点せずに済んだが
佐久間監督が早めに決断したように甲府としてはほころびが出てしまった時間帯だった

それでも中で弾き返しながらも、それをカウンターにつなげられているのが好調の要因

2点目はセットプレーからだったが相手にカウンターの脅威があることをイメージさせることは大事で
それがあることによって相手も攻撃に専念出来なくなるし、それが甲府の守備の負担を軽減させることにつながる


あとは佐久間監督が言っているようにボールを持つ時間を増やして遅攻でもチャンスをつくっていく事が課題
今日も気温が高いの試合だったが夏場はさらに選手の消耗が激しいので
マイボールの時間を少しでも増やしていくことは今後求められてくるはず

どこまでポゼッションする時間を増やすのかというバランスを見極めるのは難しいし、樋口さんもそれで失敗したので
出来るだけ今のベースを壊さないことが大前提にあるが連勝して選手がポジティブな状態で
サッカーできているのそういうチャレンジも出来るときにやっていきたい




【個人寸評】

河田・・・6.0
今日もシュート自体は少なかったがキックやハイボールの処理は安定していた

津田・・・6.0
山本のパスミスをカバーするなど危険なところをきっちりおさえる

土屋・・・6.5
守備もだが攻撃にもよくかかわる

山本・・・6.0
ボランチの下田に組立てをさせることが多かったがもう少し長いボールを使って
サイドを高い位置にあげさせても良かった

下田・・・6.5
ゴールの予感はずっとあったのでやっと取れたという印象が強いが
プロのスピードや強さになれて本来の走力やビルドアップも試合で出せるようになってきた

パラナ・・・6.5
難しいパスではなかったが伊東の飛び出しをしっかり見ていてアシスト

橋爪・・・5.5 
守備でコルテースをおさえきれなかったのも問題だが、自分の特徴でもある攻撃参加で
相手を守備に回らせるような駆け引きが出来なかったのも問題

阿部(翔平)・・・6.0
先制点になるボール奪取はじめ、守備での貢献の方が今日は多かった

阿部(拓馬)・・・6.5
ドイツでの経験が生きているからか身体を相手にぶつけてバランスを崩させて
仕掛けるのはJでも独特でその突破力は甲府の大きな武器

稲垣・・6.0
切り替え早いファーストプレスの役割を担う

バレー・・・ー
大事ないことを祈るばかり

伊東・・・6.5
先制点を決めただけではなく、前線でしっかり起点になっていたし
カウンター時は持ち前のスピードでチャンスをつくる

畑尾・・・―
出場時間少なく採点不可



佐久間監督・・・6.5
バレーのアクシデントがあったがチームに動揺を与えなかった




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 結果:770回】連続キャリー | Home | 【toto予想 :770回】5月ラスト

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する