【2015 J1 第15節:横浜M戦】4連勝ならずも価値あるドロー





15_kofu-yokohamaM2.jpg


マリノスは守備では比較的後ろに人数を残して守っていたし、攻撃は前線のコンビネーションをシンプルに生かすことが多かった

甲府はボールを持たされて、守備ブロックを作る暇なくショートカウンターを受けることが一番嫌で、相性的にも良くない
実際に後半のマリノスはあまり攻めてこなくて甲府にボールを持たせてる時間が多かったし
最終ラインの選手がリスクを冒すこともないので甲府が攻撃に移った時によっぽど精度の良いパスが通らない限り
なかなかカウンターが成立しない
そういう意味でマリノスはやりやすい相手ではなかった


ただ、樋口さんの時から取り組んできた”ボールを保持する”ことが徐々にやれるようになってきたのはひとつ成長

(マリノスがビルドアップに前から制限かけてくるプレスをあまりしてこなかったのでそこはラッキーだった)

樋口さんの頃は守備でのベースがつかめないことによってリズムがつくれず何もかもが中途半端になってしまったが
佐久間さんになってから守備を整理して、そこにプレーメーカーの下田を組み込んでも問題ないバランスを見出した
ここ何試合かは下田が中盤に入ってボールを落ち着かせる時間が増えてきたし、ボールを保持してもストレスにはならなくなった
伊東の裏抜けに対して精度の高いパスを供給できるようになったのも1つ攻撃の幅が広がった



それでも今季の甲府はドローが一度も無く、勝利もすべて無失点試合なので先制点を先にとられたのは良い流れではなかった

なので、先制点を取られて追いつく展開は今までとは異なるもの

得点はCKからだったが徐々に攻撃色の強い選手を投入しながら攻撃にシフト
あくまでもバランスは崩さずに攻勢に出ることがポイントだった

また、攻めなきゃいけない展開でボールを握って攻めて得点をとることはなかなか出来なかったチームなので
少しずつだがこういう成功体験がまた1つの自信になる


これで1st ステージはあと2試合
柏、清水と順位が近い相手だけに今後も結果が求められる試合
出来れば敗戦なく、今の勢いを持続させたまま2ndステージに進みたい



【個人寸評】

河田・・・5.5
エリア外で手を使う反則をしてしまったが終盤は決定機を防ぐ

津田・・・6.0
セットプレイでやられかけたが流れの中ではまずまず

土屋・・・6.0
失点シーンは同サイドを破られたがそれでも要所要所身体を投げ出して防ぐ

山本・・・6.0
ブラジル人をマークすることが多かったがよく対応していた

下田・・・6.0
序盤に精度の高いミドルレンジのパスで決定機を作る
後半、松橋が積極的にダイアゴナルランで裏を狙っていたのでそこを使っても良かった

パラナ・・・6.0
セカンドをしっかり回収しながらミスの少ないつなぎで安定をもたらす

松橋・・・5.5 
久しぶりのリーグ戦だったが交代するまで自分の役割を全う

阿部(翔平)・・・6.0
後半はシュートチャンスあり、クロスありと左サイドからの攻撃をになった

阿部(拓馬)・・・6.5
最後は少しへばって守備が疎かになったが今日も攻守に渡って獅子奮迅の働き
同点ゴールはお見事

稲垣・・5.5
出来ればもう少し、攻撃での貢献が欲しい

伊東・・・6.0
序盤の決定機は外してしまったが相手の背後を終始狙い続けたのは○
前線からのプレッシングも相手のミスをよく誘っていた

堀米・・・6.0
若干、守備が怪しいがセットプレイの精度は甲府一

松本・・・6.0
数は少ないが意外性満点のドリブル突破は可能性あった

盛田・・・5.5
ハイボールを使うシーンはそこまで多くなく、投入の効果は少なかったが
単純な競り合いはやはり強い


佐久間監督・・・6.0
格上の相手に先制点取られる展開だったが采配もあたり、よく追いついた




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :774回】波乱小 | Home | 【toto予想 :772回】浦和優勝なるか

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する