【2015 J1 第16節:清水戦】ジンクス破る





15_shimizu-kofu2.jpg


勝ったものの厳しい試合だった

特に前半から清水のサイド攻撃が強烈で甲府のWBが守備に追われる展開
再三のクロスや13本のCKもなんとか弾き返したがサイドは完全に支配された

それでも、中央がやられなければ問題ないという戦い方は昨年からやってきたし
何より早い時間帯で先制点取れたことでメンタル的にも良い状態でやれたのは大きい

バレー負傷も伊東で埋められるのは前々節と前節で確認できていたのでそこまで大きな問題にはならなかった
むしろ、2点目のように伊東の方が裏への飛び出しから一発でフィニッシュにいけるので効率よく得点をとれる


また、2点目をとった後、清水の攻撃がパワープレーにどんどんシフトしていったのは甲府としてラッキーだった
3ボランチ+2トップにしたのは甲府の失策だったが稲垣をWBに回しても特にデュークと対峙しているサイドは
なかなか対応出来ていなかったので清水の変化は甲府を楽にさせるものだった

これで監督交代後、4勝1分
残留争いのライバルが多かったとはいえ、これだけの勝ち点ペースは上位のチームでも簡単な事ではない
これはしっかり自信にして良いだろうし、1度下方修正した目標を再度戻すくらいの巻き返しをさらに期待する




【個人寸評】

河田・・・7.0
PK以外にも好セーブを連発

新井・・・6.0
津田の穴を最低限埋めた

土屋・・・6.5
クロスを跳ね返したり、身体を張ってブロックしたりと最後のところで防波堤になった

山本・・・6.0
守備陣にとっては忙しい試合だったが最後まで統率した

下田・・・6.5
得点はいずれもこの人から

パラナ・・・6.0
試合展開から攻撃参加があまり出来なかったがプレーの安定感は相変わらず

松橋・・・5.5 
対峙するデュークのフィジカルが驚異的で厳しい対応が迫られた

阿部(翔平)・・・6.0
こちらも対峙する枝村に、裏に走られ守備に回る展開が多かった

阿部(拓馬)・・・6.5
病み上がりでもよく効いている

稲垣・・6.0
前半は前線からのプレスやセカンドの奪い合いで貢献していた

バレー・・・―
先制点を演出したが再度負傷交代

伊東・・・6.5
2点目は得意なパターンだったと思うがポストワークや玉際でも強さを見せてよく起点になっていた

保坂・・・5.5
3ボランチが機能せず、役割がはっきりしなかったが途中交代でやるべきことはやった

堀米・・・6.0
カウンターから3点目を狙うも惜しくも枠を外す


佐久間監督・・・6.0
中断明けも好調を持続させる結果を残したのは評価できる




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :775回】1stステージ最終節 | Home | 【toto予想 :774回】波乱小

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する