【2015 J1 第19節:仙台戦】ゲーム終盤の物足りなさ


守備ではほぼほぼパーフェクトでしたが裏に蹴るロングボールの回数が多くてその精度も悪いので
いまいち攻撃のリズムがつくれなかった

稲垣のシュートが入っていればっていうところもありましたがある程度の時間まで0-0のスコアでいって
終盤に試合を決めにいくのはいつものプランどおりなので展開としては悪くなかった

ただ、勝ち点に直結する終盤での途中交代に不満が残る

今日の試合は終盤になって甲府は左サイドをつかれていた
甲府の左サイドは2人の阿部、下田と攻撃に色を持つ選手で右サイドと比べると守備に不安がある
阿部拓馬も攻撃にエネルギーを使っていたせいか戻れないことも多かった
そのサイドに仙台は交替選手を投入して、得点を狙ってきていたので
そこの対応をしなかったことは守備でリスクを背負った状態だった

そのリスクを直接除かないならどこかで埋めなきゃいけない

それは守備だったら前から1回、2回と相手にプレスをかけ続け、良い状態でビルドアップさせないとか
攻撃では裏を狙って相手を自陣に押し込むとか

監督のコメント聞くとドローも視野に入れてたらしいので伊東と堀米にリスクを負わないよう指示をした可能性もあるが
それだったら彼らを投入した意味があまりないし、そもそも左サイドを修正しなかったことにも疑問だ

伊東と堀米を投入したのならゲームを決めにいくべきだった

連敗したくない気持ちも確かに分かるが左サイドのリスクを背負っても勝ち点3狙える展開だったと思うので
途中交代含めた終盤のゲームプランに物足りなさを感じた





ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :780回】台風一過のJリーグ | Home | 【2015 J1 第18節:G大阪戦】何かが足りなかった

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する