【2015 J1 第29節:鳥栖戦】残留に大きく前進したが・・・


15_tosu-kofu.jpg


何で勝てのか分からないゲームでしたけど結果としては残留に向けて大きな勝利
とはいえ、こんな内容では全くスッキリしない

この時期の試合内容なんか気にしないと思う方もいるかもしれませんが
戦術が浸透してない序盤ならまだしも終盤でこれでは残念としか言いようがありません





・ここ最近に比べて
下田に変わってボランチに入った新井が豊富な運動量で相手の中盤にプレスをかけていたのは良かったですし
前半の15分くらいまではシャドーも高い位置で相手のビルドアップをけん制していたので
改善の兆しはありましたが仕事量が少なすぎるバレーを補うにはまだ足りていません


豊田不在なのもあって鳥栖の攻撃に迫力があまりなかったのは甲府にとって幸いでしたが
中盤あたりのエリアでボールを奪えないのでカウンターにつなげないですし
遅攻になってもバレーの動き出しがなく、前線で起点にもなれないのでどうにも前に進まない展開が多い

なので守備はもちろんのこと攻撃においても大きな制限を抱えたままになっており
今日の試合でも鳥栖をどう攻略するのか攻撃のカタチがほとんど見えなかった


阿部拓馬の頑張りで1点はとれましたが直接的な原因は偶発的な相手のミスですし
次の試合でも期待できるような点の取り方ではありません

あと5試合、残留は当たり前ですが少しでも来季に向けて実りあるゲーム内容をしてほしいものです




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :798回】大詰めの10月 | Home | 【toto予想 :797回】

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する