【2015 J1 第32節:広島戦】格の違い


15_kofu-hiroshima.jpg



総括はシーズン終了後にしたいと思いますが
前半戦の低迷を考えれば2試合残して残留が決まるということは奇跡と言っても良いかもしれませんので
残留できたことは率直に嬉しいですし、ホッとしています。


ただ、来年痛い目をみることがないよう、今日の試合に関してはしっかり言及していきたいと思います。





・最後まで修正できず
バレーが加入してからずっと、前線の守備に問題を抱えたままでしたが
残留を決める今日の一戦でもそれが露呈されてしまった。

キックオフからボールの出所になる青山や広島の3バック、受け手になる佐藤寿人や両翼の2人など
チームとして広島は甲府最終ラインの裏を1本のパスで狙っていたのは明らかでした。

もちろん、広島の攻撃は的確でしたし、ドウグラスのシュートは素晴らしいものでしたが
この時期まで課題を修正してこなかった結果であり、必然の失点です。




・広島の余裕
後半は甲府からみたらポジティブにみえる内容かもしれませんが僕は格の違いをみせつけられた印象です。

2点リードした前半からすでに広島はカウンター狙いに切り替えていましたが
後半はかなりの時間で甲府にボール渡し、受けに回っていました。

広島なら自分達でボールを握ることが出来たはずなのにあえて甲府に攻撃させたくらい、引いて守備に回っていました。

カウンターに徹したのかもしれませんが守備でも完膚なきまでに甲府に差をみせつけ
ここ2年、小瀬で勝てなかった借りをこの一戦で返してしまおうと思ってるかのように広島には余裕がありました。


甲府はとしてはある程度ボールは持てたので、試合前から準備していたサイド攻撃を試せましたし
それなりに決定機もつくれたのでやることはやってましたが広島の手の中でやっていただけとも言えます。

フラットな状態であんなに甲府がボールを保持できることはありませんし、相手が引いてくれることも望めません。


前線の守備に関する問題とあわせてスタートはバレーより守備が出来る伊東を起用すべきだったと思います。
そこから得点が求められる時間帯で元気なバレーを投入させて、中で勝負させられれば
もう少しは広島を慌てさせるような試合展開に出来たのではないかと思わずにはいられません。



そういう意味で不満の大きい試合となってしまいました。



・下位には勝てたが上位に歯が立たず
昨年までの甲府は下位に取りこぼすことが多いかわりに上位からは勝ち点をもぎとれるチームでしたが
今年は上位のクラブに対して負けるべくして負ける試合ばかりに終わってしまった。

残留を達成するだけならそれでも良いかもしれませんが
やはり、サッカーを愛するものにとって少しでもチームの進歩をみたい。


守備に重きを置く今のサッカー自体をひっくり返す必要はないと思いますが
もう少しディテールにこだわって、戦術の駆け引きが出来るようなチームになってもらいたいものです。





ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :803回】J2とJ3 | Home | 【toto予想 :802回】残留争い

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する