佐久間監督続投&来季のチーム編成を考える




□監督
個人的には長崎の高木監督や愛媛の木山監督がいいなと思っていましたので佐久間監督の続投は少しがっかりです。
しかし、決まったからには応援しますし、何が何でも残留してください。

 2016シーズンに向け、監督の人選を進めてきた中でフロントとしてまず重視した点は以下の通りです。

①来季はJ1リーグ残留、さらには中位の成績を目指す
②そのために現在の堅守を維持しつつ、課題である得点力向上を目指す

次に来季の背景を以下の通り分析しました。
①開幕が一週間前倒しの見通しで、新チーム始動後の準備期間が短い
②最終戦が11月初めとなる日程見通しのため、8月までに約8割方の日程が
消化されることになり、スタートダッシュと序盤の戦いが重要になる

さらに、チームの現状を以下の通り考慮しました。
①ベテランの活躍が欠かせない
②「ベテラン・中堅・若手」が入り交じったチーム編成となる

佐久間悟 監督2016シーズン続投のお知らせより


背景①、②を考えると確かに来期は監督人事で失敗すると取り返せないシーズンになる。
ただ、今年の采配を見る限り、佐久間監督で発展や上澄みがあまり期待できそうにないのでそこは少々不安。

また、GMとの兼任に関しては負担が大きいはずなので東海林強化部長にGMを
(実質でもいいので)委任するなどして監督に集中してもらいたい。



□選手

まず、A契約の25人枠は触れておく必要がある。

現時点で甲府に所属している選手が来期も全員残ると仮定するとA契約は24人。
(A契約の条件:450分以上出場、4年目以降はAorB契約)



20151109-2.jpg20151109-0.jpg
※岡西は来年で4年目なのでAorBですがB契約はA契約に移るとその時点で25人枠の適用になる
(CからAになった場合は翌シーズンから25人枠の適用)
詳しくはJFAにある選手契約の規約を参照してください。http://www.jfa.jp/documents/pdf/basic/10.pdf

さらにレンタル組も加えると24+4=28人で3人オーバー。(外国人枠は3人なので実質27人)

ということで既存選手の移籍がない限り、間違いなく補強は少ないです。



ここまでに出ている情報を加味すると(ソースはおもに山日)

・バレー、マラニョンは退団濃厚でパラナは条件次第
・阿部拓馬に4クラブからオファーあり、退団の可能性
・山本、稲垣、伊東らは複数年でその他、今季在籍している日本人は全員契約延長のオファー
・外国人は東海林強化部長がブラジル視察し、センターフォワードやシャドーストライカーを調査
・J1の外国人も検討中
・新卒は名古屋U18の森晃太が内定、大卒はなし
・補強はJ1やJ2で出場機会を失っている若手を中心に進める




2016kari01.jpg
現実的に考えて、阿部拓馬は移籍と仮定して現在の編成はこんな感じ。
これでA契約が20人なので補強は5人まで。
ただ、開幕から枠を一杯にすると中断期間に補強ができないので外国人含めて4人追加が妥当なところ。



□補強
  • バレーが抜ける1トップに1人
  • 阿部拓馬が抜けるシャドーに1人
  • ベテランが多いCBに最低1人
  • あとは全体的なバランスをみてどこかに1人

ここからはあくまでも願望です。


・共通
伊東が五輪中いなくなる可能性もあるのでシャドーは河本復帰で駒を揃えておく。(イケメンは正義)
ボランチは下田、稲垣、新井を競争させながら緊急事態は石原や福田のマルチで埋める。(マルチは大事)


A:降格クラブから外国人を集める(たまには獲る側になりたい)             
2016kari02.jpg 
オビナもディエゴも今のクラブから残留要請されると思うので簡単ではないが
Jリーグ経験のない無名のブラジル人はお金がある程度ないと厳しいし、適応する時間もない。
ヨン・ア・ピンは清水に嫌気がさして日本からの脱出を目論でないことを祈る。




B:脱ブラジル人(通訳さん、すまん)
2016kari03.jpg 
無名のブラジル人はなかなか当たらないし、国内のブラジル人は需要が多い。(韓国人も需要多そうですけど)
ここは会長の韓国での講演が多いことを逆手にとって韓国に寄り添ってみる案。
(3人目の韓国人は見当たらなかった・・・)

イ・ヨンジェはパトリックの後釜にガンバが獲得に乗り出した選手であるが
高さ、強さ、走力を兼ね備えており、甲府の戦い方に合いそうな選手。
長崎からのステップアップもそろそろ考えているはず。(出来れば大砲と一緒に来て欲しかった)

キム・ボギョンはもはや説明不要。
欧州再挑戦を望んでいるようだがもう1年リハビリがてらにJリーグに留まって頂きたい。(絶対にセレッソは昇格するな!)
堀米のお手本にも。

福森は札幌での活躍により川崎が手放すとは考えにくいが左足のキックが魅力的なCB。
この手の選手は希少種で、他クラブも狙っていそうだがチャレンジしてみる価値はある。(DFの選手に風間教は冷たいよ)



このような補強ができるかどうかはクリスティアーノの移籍金次第。
恩返しゴールはもうたくさん受け取ったからあとはお金を・・・・。




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
移籍動向 2015年12月① | Home | 【2015 J1 第34節:清水戦】帳尻だけは合わせた

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する