【天皇杯:柏戦】1人多くても優位にならず


・またか・・・
このブログで何回も言及してきていますのでもう言いたくないですが
ポゼッションして攻撃的にくるチームにバレーの1トップは悪手でしかない。
その上、守備でハードワークできる稲垣を外して名古屋戦と同じ攻撃的な前線3枚。

しかし、ポゼッションされ、相手のSBが高い位置をとるから
シャドーが下がらなきゃいけなくなり、守備に追われ、攻撃的な前線にした効果はあまりない。

ボールを奪っても柏は前線に人数かけているから、なかなかボールをつなげずに失う場面が多いし
その上、リスク掛けずに長いボールを放り込んでもバレーが起点にならないから前線に運べない。

柏は2CBしか残ってないケースが多いので、スペースを有効に使いたいのだが
CBの前でホールをもらおうとするバレーは良い的。

最終ラインが頑張っていたし、柏もクリスティアーノ以外は強引に勝負してくるが選手いなかったので
失点はせずに済んだがリズムが全く作れない前半だった。



・試合が動いた後半

後半、早い時間帯で完璧に崩され失点。
柏のやりたい崩しをされたので相手の良いところがもろに出た感じ。

とはいえ、甲府も阿部拓馬の個人技で同点。
点のにおいがしないところでポンととってしまうのが甲府の伝統芸だが天晴れの一言。
でも来年、残留してくれるのか心配になるような素晴らしい得点なので心境複雑・・・・・。

その後も阿部翔平不在の穴を埋めた橋爪のセットプレーからチャンスをつくっていたりと
前半よりかは可能性のあるチャンスが増えた。

そして、終了間際の退場劇。


最初のイエローも下手したら決定機阻止になりかねないファールだったので誰がみても妥当な退場。
甲府も前線からのプレスをほとんどしないので油断していたと思われるが2回同じ事をやるのは不用意過ぎる。

ただ、結果的にこの退場は甲府にとって優位なものにならなかった。

一人多くなった延長でも甲府はやり方を変えられないのか変えないのかは、分からないが
引いてブロックを作る展開は変わらず。

むしろ、負傷や疲れで交替した選手に変わって入った石原や堀米がほとんど仕事できずに
中盤のプレスを担っていた新井も最終ラインに下がったことで中盤の活動量が低下。
11人同士ででやってた方がまだ良かったというくらいの酷さで時間が進み
結局、最後はクリスティアーノの決勝点という甲府にとっては何とも言い切れないおまけがついて、敗退。

上手い選手がいるわけじゃないので1人多くてもボールをつないで押し込めないのはしょうがないとしても
盛田投入してパワープレーに徹すれば柏のGK菅野も退場した鈴木に変わってCBに入った茨田も背は高くないから
十分、スクランブルになる可能性がある。

そういうことも出来ずに何がしたいのか良く分からずに敗れてしまったことで
不満の残る敗戦となってしまった。



・光った代役
阿部翔平の不在を埋めた橋爪と松橋、名古屋戦に続いて3バックの真ん中を務めた畑尾。

まず、橋爪はセットプレーのキッカーとして非常に良かった。
右と左のキッカー不在で戦前は誰が蹴るのか心配していたがそんな憂いも何のその。


松橋もクリスティアーノと対面していたので数は多くなかったがサイドを上がってチャンスを演出。
バレーが飛び込んでこないので決定機にはならなかったが慣れない左サイドで次第点以上の働き。

畑尾はビルドアップで安全につなぎ過ぎてもう少し、サイドチェンジを駆使してもらいたかったが
守備の面では身体を投げ出して危ないところをよくつんでいた。


いろいろ批判したくなる試合でしたが彼らの奮闘は少ないながらも収穫と言えるでしょう。






ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :806回】最終節 | Home | 【toto予想 :805回】J2も大詰め

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する