【2016 J1 1st 第2節:G大阪戦】ホーム開幕戦


16kofu-Goosaka.jpg


今年もホームで勝利するのは苦労しそうですな~




・したたかなガンバ

甲府と対戦する大半のチームは甲府の守備をどう攻略するかと考えてくるが
そういうチームは守備ではめやすいので甲府としてもやりやすい

ただ、今日のガンバみたいにクリスティアーノのいるサイドは守備に回ってスペースを消してきたり
チーム全体としても後ろに人を残して甲府にカウンターをやらせなかったりと
こういう試合展開だとどうしてもミスが多くなり、ゲームの流れをつかめないまま終わってしまう

今のサッカーになってからずっと付きまとう課題だが今年もさっそく出てしまったようだ



守備に関しても高さがない甲府の3バックに対してガンバは放り込むことも辞さないし、風の影響もあって難しい処理が何回もあった
もう少しリスク負わずにやるべきだったが失点もクロスからのミスマッチをつかれたカタチなので
甲府が弱いところを付いてくるあたり流石といったところ
(昨年もそうだったし、ガンバは甲府の攻略法をマスターしてますよね)


こういう試合展開ならもう少しボールが持てる福田やビリーを起用したり
3バックに関しても高さがある畑尾やボランチの新井を回す方がベターだった可能性もあるので
そこはスカウティングの課題としてもっと突き詰めていかないといけない

もちろん、ポゼッションなど苦手なことを克服していく努力も必要だ


・ボールを奪う守備

神戸戦もそうだったが今日のガンバ戦も五分五分のボールをどっちが拾うかという状況だったり
ボールを持っている選手に身体をぶつけてフィジカルコンタクトでプレッシャーをかけていくことは非常に効いていた
前でボールを奪える回数は確実に昨年より多くなっているし、ガンバの選手も倒れて審判にアピールしてたのでやりにくそうだった

アスリート性の高い選手を揃えただけはあるが審判のジャッジも流してくれる傾向なので
パワーやフィジカルで優位に立てる状況は多くなっている


とはいえ、失点シーンのようにガンバが左サイドに人を集めて良い状態でボールを持っているところに
どんどん食いつきすぎて結果フリーの選手をつくってしまうのは避けなければいけない

それ以外も河田のセーブやDFのブロックで難を逃れたシーンは少なくなかっただけに
積極的に奪いにいくのか、相手の出方をみて対応するのか
エリアや相手の状況などを考えて正しい判断をしていかないと却って失点が増えてしまう





ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :829回】今週も荒れ模様 | Home | 【toto予想 :828回】荒れ模様

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する