【2016 J1 1st 第4節:川崎戦】修正


16kofu-kawasaki.jpg

いろんな意味でストレスの溜まる試合だった。
にしてもホームで勝てそうにない今の傾向は観客動員的にまずいですね。



・修正されず

前節でも言及してる通り、ボールを奪う意識が裏目に出ている。

新井や黒木、稲垣やクリスが高い位置でボールを奪いにいくのは良い。
ニウソンも昨年のバレーと違って守備意識が高いので神戸戦はそれがプラスに出たし
ガンバ戦も負けたとはいえ、相手は嫌がってプレーしていた。

ただ、ラインが引いた状態で特にバイタルや低い位置でのチャレンジは少しでもタイミングが遅れればファールになるし
仮に正当なタックルだったとしても前節のように甲府にとっては厳しいジャッジを誘発しかねない。

よりボールを奪いに行く、フィジカルコンタクトで負けない意識を持たせるのは
(大きな変化ではないが)ポジティブに捉えているがリスクもあることは忘れてはいけない。
場所や展開、相手、審判の傾向もしっかり考えていかないとマイナスに働くことになってしまう。



・防げる失点だが・・・


1点目のFKに関して甲府が手を打てるとしたらFKを与えないことだけなので
上記で書いたようにバイタルではもっと慎重にいくこと。


2点目はCKからの流れで2回はすばやく反応してシュートは打たせなかったのに
最後だけ誰も反応できずに空いてしまった。
ゴール前でボールウォッチャーになるのは仕方がないが隙は与えてはいけない。


3失点目はショートコーナーで角度や距離からいけばまさかというシュートで完全に意表をつかれてしまったが
コーナー自体はオフサイドの取り損ない&土屋と河田の連携ミスで与えたもの。
修正はすぐ出来ると思うが前節もGKとの連携ミスがあったので少し気がかりではある。


4失点目はシステムも変えて点も奪いにいった後でのものなので仕方がない。


3点はセットプレー&その流れから、1点は普段やらないシステムなので
大きな問題とは思っていないが前節と同じような課題が出てるので
そこは早めに手を打って修正したい。



・ビルドアップ
まだ開幕したばかりなので割り切りだけではなく、自分達でボールを保持したい気持ちは分からなくもないが
今年の川崎は前線からプレスしてくるチームだということはスカウティングすれば分かるはず。

湘南はそこを上手く掻い潜って打ち合いで点をとったが甲府ではそういうことは出来ない。
それを試合やる前に判断できないことも問題が、試合中も修正できない。

結局、3点取られてからようやく、攻撃のカタチがつくれるようになったがそれでは勝ち点3はとれない。

黒木や山本はサイドチェンジ出来る選手だし、WBを使う意志は感じられたが
それでもチーム全体としてプレスに来ている同サイドで苦し紛れにパスして
結局、相手に奪われるシーンは少なくなかった。

新外国人のチュカが合流して前線は再編されるかもしれないがどうやってボールを運ぶか
その手段を構築できなければ宝の持ち腐れになってしまう。





ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2016 ナビスコ 第1節:鹿島戦】勝利 | Home | 【toto予想 :830回】割れる予想

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する