試合前日プレビュー J1 第32節 ジュビロ磐田vsヴァンフォーレ甲府

 予想スタメン
磐田vs甲府

ジュビロ磐田
U-22で招集されているボランチの山本(康)、山崎が出場できない。
特に浦和戦でキレキレだった山崎の離脱は多少なりとも影響あるだろう。
ただ代わりに入る金園もルーキーながら素晴らしい活躍をしているだけに
十分山崎の穴を埋められるだろう。
それよりも山田の負傷離脱の方が磐田にとっては痛いか。

ヴァンフォーレ甲府
前節に比べて差ほどメンバーに変化はない。
パウリーニョの出場停止に対して怪我から復帰した石原をここで起用する事に
ついては大きな注目ポイントとなる。



・残留の為には絶対に負けられない甲府
この試合磐田になくて甲府にあるもの”モチベーション”が大きく左右するだろう。
水曜日に行われた天皇杯でのそれぞれのメンバー表を見ればよく分かる。
ほぼレギュラー陣を出場させた磐田に対して吉田、石原以外の全員を休ませた甲府。
もちろん磐田は既に残留を決めているから出来ただけで甲府にとってはこの状況に
なっていることは本意ではないはず。

天皇杯から中2日という事を考えればコンディション的にも甲府有利は間違いない。
さらに言うと磐田はレギュラー陣を出場させたもののJ2千葉に0-1で敗戦しており
チームの状態は決して良くはない。
チームの中心である前田、駒野が不在だった事なども原因として考えられるが
ここ最近のリーグ戦では不安定な戦いが続いている。
U-22や怪我などで主力選手が数人いないのも甲府にとっては有利な状況だ。

そういった状況を有利に進める為に試合ではどんどん甲府からリアクションを
起こしていきたい。
特に前線からのプレス、中盤でのコンパクトな陣形から数的優位をつくる
ポジショニング、両大阪戦で見せたような試合。
幸いにも前節敗れた清水のようなワイドなサイドアタックは磐田には見られない。
駒野の攻撃参加だけは気を付けたいが中盤での主導権が握れれば前線の
前田、金園を孤立させる事が出来る。

その為には奪った後の最初のビルドアップも肝心だ。
今節はパウリーニョが不在で裏への飛び出しという武器が使えない。
マイクのポストプレーと相乗効果があったこの武器が使えないという事は
甲府にとっては攻撃の選択肢がなくなるだけでは収まらない。
マイクへのポストプレー意外にどう攻撃を組み立てるかがこの試合の注目ポイント
になるだろう。
そこで鍵を握るのが・・・・・・↓


・パウリーニョの穴を埋めるのはバランス感覚に秀でた石原
正直この予想スタメンを見た時に小さい驚きがあった。
天皇杯でも出場していたし怪我から復帰して間もない石原を中2日で起用する事。
さらに攻撃に長のあるパウリーニョの穴を埋めるのが守備的なポジションをこなす
事が多いこの選手だという事。

おそらく磐田の右サイド西、駒野対策なのだろうが同時に甲府の左サイドを攻撃の
ポイントと佐久間監督は据えているのかもしれない。

石原はボール奪取が上手くポジショニングも良い。
バランス感覚も持っているのでこれまで狙われていたパウリーニョの守備の弱さを
消し去る事ができる。
守備が安定すれば攻撃でにも出ていきやすい。
そこで次になるキーマンが吉田だ。

守備のいい石原がいれば自分の上がったスペースを埋めてくれるし
ボール奪取も上手いのでどんどんカウンターも狙える。
惜しくも今回U-22で招集はされず悔しい思いもきっとあるはず。
その悔しさをこの試合でぶつけて欲しい。
甲府の左サイドが攻撃的に振る舞えれば磐田の右サイド特に駒野はなかなか
攻撃に出れなくなる。

こういった事を想定して石原の起用なのではないかと思っている。

スカパーではおそらく代表帰りで1トップを争う前田、マイクが注目選手と
してあげられるだろうが僕個人としてはこの左サイドの攻防を注目していきたい。

(こんなに頑張って書いて石原を起用しないなんて事はないよね(;^ω^))



予想スコア

ジュビロ磐田 1-2 ヴァンフォーレ甲府
goal ハーフナーマイク、片桐(甲府) 前田(磐田)

とりあえず何が何でも勝て!!

ブログランキング参加中です。
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
J1 第32節 ジュビロ磐田vsヴァンフォーレ甲府 | Home | 544回 toto予想

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する