【2016 ナビスコ 第2節:大宮戦】互いに攻め手を欠く


お互いに相手のブロックを崩せずに終わったゲームでした。




・ビルドアップ

ニウソンの動き出しが足りないのもあるがパスが読まれてるし、そのパスも足元に入っていない。
なので、どうしてもあがる時間が作れず攻撃へ移れない。


何度か中盤でインターセプトをしてカウンターをすることもあったが精度が悪いし
山本や畑尾からサイドチェンジでボールの経由を変えようとすることもあったがこちらも精度がなかった。


技術的なミスは仕方ないし、能力以上のことを要求しても現実的ではないが
ニウソンにボールがおさまらなかった時にどうボールを前運ぶか。

その手段は模索しなければいけない。


そういう意味で後半、橋爪がドリブルで相手を剥がして前に運んでいたのは良かったし
ビリーがボールを引き出してクリス、田中を経由しながら前線に飛び出すシーンもあった。


もちろん、出来ている回数が少ないのでチャンスはあまりつくれていないが
カップ戦の試合ということを含めて考えるともっともっとチャレンジしていいだろう。

ただ、後半のようにせっかくサイドから攻撃をつくってCKをとっても
ニウソンは既に交代、盛田もベンチのままでは得点の可能性を狭めてしまっていると言わざるを得ない。




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :834回】またまた割れる予想 | Home | 【toto予想 :832回】ナビスコ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する