【2016 J1 1st 第5節:浦和戦】ジャッジと采配

16urawa-kofu.jpg


鳥栖戦の退場といい、今日の退場といい、納得できない判定が続いています。

その上、あの采配ですからストレスが溜まります。

最後一矢報いた選手の頑張りに救われましたが困ったものです。


・バイタルでのファールがまだまだ多い

守備でステイするタイプのパラナ、下田より新井、黒木、ビリーと今年のボランチは
相手のビルドアップに対してけん制するための動きが多いので
バイタルにスペースは空きやすくなるものの、3バックが簡単に滑り込んだり
足を出したりしてファールを与えてるケースが多すぎる。

開幕からずっと続いているのになかなか修正できていないのは非常に問題。

2枚目の警告は厳しすぎるジャッジだったと言えるが1枚目をあんなに早くもらっていなければ
そういうリスクも回避できるわけだからなるべくファールは減らしていかなければいけない。



・理解できない采配


ハイラインで広大なスペースが使える浦和相手なのでクリスティアーノの1トップは間違っていなかったと思うし
3バックのチョイスも地上戦でくる浦和の傾向を考えればこちらも間違っていなかったと思う。

想定外の退場はあったものの3ボランチになったことで相手の縦パスが通りづらくなり
結果的に浦和の攻撃をサイドに誘導できたし、ズラタンを投入してきた対応も畑尾で正しかったと思う。

ただ、下げる選手にクリスティアーノを選んだのは明らかに悪手だった。

浦和からしてみれば守備のリスクがなくなり、より攻撃に比重が掛けられるし
甲府はクリアしたボールを追える選手がいなくなり、ラインをあげられなくなる。
逆にボランチが追っかけたりしてスペースを与えたり、疲労させたりとまるで意味がなかった。

最終ラインも6バックで人数が増えたことが逆にマークの曖昧さにつながり
不安定になってしまった。


吉野のキープ力ははっきり言って以外だったが案の定、前線に1人残した方が
ボールを持ち運べる回数も増えたし、最後点も取れた。


理不尽なジャッジに耐えて我慢強く戦いながら勝ち点3の芽を残した選手の奮闘を
監督が助けられないどころか厳しいものにさせてしまうのは憤りさえ覚える。





・初先発の河本


玉際で粘って前をむけてボールを運ぶのは甲府のシャドーの役割として重要だし、裏を狙う意識もよかった。
短い時間のプレーだったが光るプレーが多かったからこそ、なぜ今節まで出場機会がなかったのか?


上で書いたこととあわせて、監督の采配に信頼が置けなくなるのは避けられそうにない。




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2016 ナビスコ 第3節:磐田戦】明と暗 | Home | 【toto予想 :834回】またまた割れる予想

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する