【2016 ナビスコ 第3節:磐田戦】明と暗



・引きすぎた前半

ファインゴールの影響からか前半は警戒しすぎました。
甲府1トップの横でパスを捌いて組立てしていた川辺や相手の両SBに対して
もう少し前からアプローチしていくべきでした。

河本と森のポジション変更も良かったとは言えず
むしろファールをもらって起点になっていた河本を下げたことで前線に運べなくなった。

守備の負担を考えたのかもしれないが
これは浦和戦と同様に1トップで時間が作れずにいる方が
結果的に守備にまわる時間も多くなって後ろの負担が増えてしまう。



・前線を生かす組立て

身体を当てられても負けない強さやターンして前に運べる強さをもつ河本
相手のプレスをかわせる上手さをもつ吉野

この二人は浦和戦でもポジティブな内容をみせてくれたが今日も光る存在だった。

相手によっては守備的な稲垣を使う方がベターなときもあるだろうが
稲垣以外のチョイスとしてこの二人が頭角を表してきたのは良い事。

チュカも今日がデビュー戦なのでまだまだ未知数だが
アフリカ人らしいフィジカルがありながら足元も悪くなさそう。

ニウソンがベンチにも入ってない理由は分からないが
前線はいろんなタイプが揃ってきたのではあとはそこにどう、ボールを供給していくか。


それにおいて大きな問題を抱えるのが後ろからのビルドアップ。
「3バックの距離が近すぎて磐田側は2トップの2人で相手を追い込めている」
という解説、安永氏のご指摘どおり、磐田のプレスに苦しんでましたし
ミシャ式の可変システム(3バックからボランチが1枚下りてきて4バック)で
運ぶやりかたもやってましたが上手くいっていなかった。

特に幅をとるためのサイドに開く選手が新里と渡邉という展開力のない選手なので
サイドに追い込まれた時に苦し紛れにパスを出してボールロストするケースが目立った。


加えて前線にクリアした場合でもボランチが1枚おりているので中盤が薄くなり
セカンドが拾えなくなる可能性も高い。


チュカが投入され、3ボランチ2トップになってからは吉野が中盤でプレスを外していたので
多少改善されたがFKやCK以外で相手ゴールに迫るシーンはあまりつくれなかった。


とはいえ(やってることが良いか悪いかは別として)
少しはビルドアップの課題に取り組んでるようなので今後に期待したい。




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :836回】波乱期待 | Home | 【2016 J1 1st 第5節:浦和戦】ジャッジと采配

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する