【2016 J1 1st 第6節:湘南戦】カウンターで制す

16kofu-shonan.jpg

前がかりになってる湘南に対して甲府もクリスとチュカを前のこりさせてましたから
最後どちらが制すかという展開でしたけどなんとか勝てました





・堅守

最後のカウンター2発が勝ち点3につながったのは言うまでもないが湘南の攻撃に耐えた守備陣もよく頑張った
特に湘南のストロングである、菊地と三竿の左サイドを稲垣と松橋である程度おさえられたことが大きかった
黒木の後ろを狙われたのでビリーとポジションをいれかえたと佐久間監督は言っていたが
ビリーが守備でも甲府のやり方に慣れたことも守備の安定につながっただろう

また、出場停止の山本にかわって起用された畑尾も高さやフィードを生かしてきっちり代役をこなした

ただ、攻撃偏重のクリスがいる左サイドからクロスを放り込まれることがあり
ファーサイドで藤田や大槻に頭で合わされるシーンがいくつかあったが危険だった

それでも湘南のストロングが右サイドだったらより、危ないシーンがつくられたと思うので
ポジションの噛み合わせ的に甲府の方が有利な状況にあった



・ロングボール


パスミスしてカウンター受けるよりは湘南のプレスを警戒してロングボール主体で臨むのはまだ良い
前線で身体をはらすためのニウソン、スプリントする松橋、フィード力のある畑尾と選手の特徴も考えて起用している

ただ、プレスが来ている同サイドで苦し紛れに蹴るプレーは改善の余地ありで
クリスが相手を背負いながら逆サイドにサイドチェンジするように
右サイドから左サイドへのサイドチェンジもできるようにしたい

どうしても甲府の最終ラインやボランチが右利きなのでビルドアップも右に流れがちになり
そこでつまった時に可能性の少ないボールを同サイドに蹴りだしてしまう

そういうシーンでサイドチェンジできればクリスをもっと生かせるはずだし
ピッチの幅を使うことでより攻撃の可能性は広がる

バックパスで畑尾や黒木を経由してもいいので同じロングボールでも
ワンパターンにならないよう工夫をしていきたい





ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :838回】中波乱期待 | Home | 【toto予想 :836回】波乱期待

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する