【2016 J1 1st 第7節:大宮戦】本当にジャンプしたら問題なかった

 16omiya-kofu.jpg

「ジャンプする、問題ない。」がネタで終わらなくて良かったです。
チュカはいい意味で何するか分からないので相手は対応しにくいかもしれませんね。

・課題しかなかった前半
 大宮にリトリートされ、スペースを消されてしまい、ニウソンや稲垣はもちろんクリスティアーノも消えてしまった。
さらにビルドアップのパスミスが多く、サイドチェンジの精度も悪い上にロングボールも大宮の守備陣に跳ね返されるなど
シュート0本という数字の通り、全くゲームを作れなかった。

守備でものらりくらりやっているように見せかけて奥井を積極的にあげて
甲府の左サイドを一転突破しようとしていた大宮の攻撃を防げずに失点。

甲府の弱みが出てしまったような試合展開だったがそれにしても全く良いところがなかった。



・徐々に盛り返した後半
大きく変わったのはチュカと森の投入だろう。
両者はニウソンや稲垣よりボールコントロールが上手いため、前線でのおさまりが良くなったし
特に森の仕掛けるプレーはチームを勇気付け、周囲もそれに呼応して積極的な姿勢をみせた。

その中で一列下がった稲垣も本来の役割であるセカンドを拾うことで自分の役割を遂行。
大宮が守勢に回りすぎた側面は否めないものの、攻守のバランスが格段に良くなった。

もちろん、流れの中から崩すシーンはもう少し増やしたいものの、ゴールに迫るプレーは徐々に増えているし
新加入選手も徐々に馴染んできて特に前線は様々なタイプが使えるようになった。



・相手の戦い方を考慮すべき
上位のクラブや湘南のようにガンガン攻めてくる相手なら稲垣の守備やニウソンのパワーが前線に必要かもしれないが
今日みたいに相手がスペースを消してくる中でこじ開けなきゃいけない試合なら、もう少し別の選択肢を考慮していいだろう。

特に攻撃でも守備でもタフにやれる河本あたりは柔軟に起用できると思うが
なかなかチャンスが回ってこないのは残念だ。


ただ、問題はこういう試合展開が試合前から予想されていたのにそれでも判断基準が守備になってしまうこと。
守備が大前提のクラブなので、仕方がないかもしれないが
攻撃に力を注いだほうが有利な展開になるなら、苦手でもやるべきだろう。
そこは相手の戦い方をしっかり見極めて判断して欲しい。
 


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2016 ナビスコ 第4節:名古屋戦】ビルドアップの課題 | Home | 【toto予想 :838回】中波乱期待

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する