【2016 ナビスコ 第4節:名古屋戦】ビルドアップの課題



・距離感

3バックやWBの距離感が近いままビルドアップしてるので相手のプレスが効率的になってしまう。
後ろで数的優位に回してても距離が近いので相手の選手は1回、2回と追えてしまうし
甲府の方はパスコースがない中、次第にサイドに追い詰められて苦し紛れのロングボールを多発。

3バックの距離が近いのは守備で奪われた時にすぐカバーできるメリットではあるけれど
ビルドアップの段階ではあまりいいことはない。

もっと後ろから中盤を前に押し出すようにポジショニングをとってパスコースをつくっていかないと
前線は孤立してしまうし、相手も狙いが定めやすくなるだけ。


大宮戦の前半でも同じような状況だったがボールを保持しても効果的な配給が出来ていないのでチャンスはつくれない。
その上、得意としているカウンターも繰り出せないので全くもってゴール前まで運べない展開になってしまう。




・怪我人
既に離脱中の盛田に加え、膝の精密検査を受けて離脱の可能性が高いチュカ、そして今日のニウソンと
1トップの選手が軒並み怪我してしまった。

クリスの1トップという緊急策はカウンターで脅威を与えられるかもしれないが
前線で身体を張れる選手が不在になり、後ろからしっかりゲームを作っていかないといけない状況にもなった。

ここ最近は選手からも「もっと勇気をもってボールを保持したい」などのコメントも多い。

どうなるかはやってみないと分からないが課題を克服するチャンスでもある。

もちろん、決めるのは監督なのであくまでもリスクを負わずに今のやり方を継続するかもしれないが
この状況で迎えるGWの連戦は今季を占う、山場になりそうだ。





ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :840回】仕切りなおし | Home | 【2016 J1 1st 第7節:大宮戦】本当にジャンプしたら問題なかった

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する