【2016 J1 1st 第8節:F東京戦】平成の怪物

16kofu-tokyo2.jpg
 

先制点とれたので勝ちたかったけど
逆転されそうな時間帯もあったので負けなくてよかった。






・高さ不足
とにかく、今日は高さで負けていた。

引いてスペースを消してるので阿部拓馬やバーンズ、河野らのドリブルや裏への飛び出しはある程度抑えられたし
攻撃でもロングボールを相手SBの背後に放り込むことで、サイドの攻め上がりを自重させることが出来た。

しかし、高さやポストワークで起点になる平山だけは全く抑え切れなかった。


特に後半はF東京の攻撃がサイドからのクロスに徹底されたことで甲府の最終ラインはかなり苦しんだし
セットプレーでも得点を決めた平山だけではなく、森重にもフリーで合わせられていたので
空中戦の劣勢から相手のペースになってしまった。


甲府のことを熟知している城福監督が相手だったということもあって弱みを付かれてしまうのは致し方ないが
平山への高さ対策は必ずしも十分ではなかったし、セットプレーを与えすぎていることもなかなか修正できない課題ではある。




・リズムが悪いながらも2点目を狙ったが・・・
甲府は1度押し込まれると自陣に釘付けになって防戦一方になる傾向が強いが
今日はピンチの直後でもカウンターから相手のゴールを脅かすような攻撃が何回かあったので
1失点はしたものの、反撃してくる相手に対して攻撃に専念させない試合運びが出来ていた。


ただ、前半からロングボールを多用してシャドーやWBを走らせすぎたせいか
終盤は疲労の色もみえて2点目をとりきるところまではややエネルギーが足りなかった。


勝ち越しを狙うために攻撃に可能性を残していく采配ではあったが
吉野や森あたりを起用してボールを保持する時間をつくっても良かった。
2枚の交代枠を余らせたという意味でも少しもったいなかった。




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :841回】GW連戦突入 | Home | 【toto予想 :840回】仕切りなおし

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する