【2016 J1 1st 第9節:新潟戦】安定の痛み分け

16niigata-kofu.jpg
 
新潟の試合を毎試合観てるわけではないですけど
今日の新潟は非常にテンションが高くて、この試合に対する意気込みが強かったように感じました。

その中で2点先行して失点もセットプレーとクリアミスのOGによるものなので
勝てる試合でしたが新潟もタフに戦っていましたし
交代メンバーを見ればわかる通り、怪我人が多い状況を考えれば
ドローでも次につながる結果だと思います。



・2つの試み(チュカの1トップと稲垣のボランチ)
チュカは膝の痛みで一時期離脱の心配もあったがこのタイミングで先発としての起用にこぎ付けた。
途中出場でも十分、ポテンシャルの高さをみせていたのである程度は計算できると思ったが
今日の試合でも概ね期待どおりの活躍をみせてくれた。

もちろん、ゴール前の怖さという部分では物足りなかったかもしれないが
1トップとしてしっかりボールをおさめて時間をつくることは十分に出来ていたので
このままコンディションがあがってくれば1トップの軸になるのは間違いない。


もう1つの試みは稲垣のボランチスタート。
怪我人の多さも大きく影響したと思われるが稲垣をボランチに回すことで
その代わりにシャドーにより攻撃的な選手を起用できる。

守備的な戦術がメインだとはいえ。攻撃のバランスを改善するためには重要な試み。


今日の試合では初めての組合わせということもあって攻撃面で明確に良さが出た場面は少なかったし
前線への攻撃参加や中盤の構成力という部分では少し欠けていたように感じたが
シャドーで起用された河本は随所に稲垣とは違った特徴を出せていたので
そこはポジティブにとらえたい。


ただ、懸念がないわけではなく、守備の部分でボランチとシャドーの間のスペースを消すことが出来ず
縦パスを何回も打ち込まれていたのでそこは無視できないところ。



・セットプレー
クリスティアーノーというキッカーのお陰でセットプレーからとれるようになったのは非常に良いことだが
相手のセットプレーでの失点も増えてしまっている。

これまでも指摘しているが高さで不足を補うと同時に
簡単にセットプレーを与えないことももっと真剣に考えなければいけない。




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :842回】GW連戦突入 | Home | 【toto予想 :841回】GW連戦突入

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する