【2016 J1 1st 第10節:柏戦】コンバート

16kofu-kashiwa.jpg

 
怪我人を言い訳にはしたくありませんが
チームの1/3が離脱してベンチ入りメンバーを埋めるのもやっとの状態は
流石に佐久間監督には荷が重過ぎましたね。


怪我人が多いからこそ勝つんだ、そういう意気込みも序盤は伝わってきましたが
頑張りが効果的ではなく、逆に守備で穴をあけ、疲労を蓄積させ
結局は効果的に点を与えてしまって相手にとって楽な試合展開になってしまった。






・積極的な入りとコンバートの裏目
キックオフから積極的な姿勢でシャドーもボランチも高い位置で奪いにいった。
カオスな状況になりやすい試合開始直後10分の試合展開としては有だし、
黒木が高い位置で奪ってとったFKをクリスが決めていれば最高の立ち上がりになっただろう。


ただ、プレス回避のメカニズムをしっかり構築できるチームは試合が落ち着き始めると
積極的なプレスが効果的ではなくなり、逆に中盤でスペースをあけるデメリットにつながる。

さらにファーストチャンスで先に点をとられたのも甲府には痛かった。

特に崩された右サイドは

新井の代役で起用された畑尾
普段左CBでほとんどやることのない右WBに回された津田
WBの控えである福田のシャドー起用

と、やったことのないメンバーの配置だったのでもう少しチームとして
相手の出方をみるような入りの方が良かったように感じる。


(本来パスの出し手である津田や福田を縦に並べればノッキングするのも必然だが)
右サイドはその後のビルドアップでもほとんど機能しなかったので
そもそも采配としてどうだったのか、疑問は大きい。


津田を通常通りCBにおいて福田をWB、松橋をシャドー(もしくは逆)で起用し
山中の裏にスプリントさせてそこでポイントをつくるのが
甲府の運び方としては最も自然であったと思う。


どちらにせよ伊東対策(?)でCBにまわした松橋もクロス対応の甘さが失点につながってしまったし
いくつかのコンバートを同時にやるのは無謀だった。





・チュカと森の投入で攻勢にでたが・・・
HTに温存していたチュカを投入し、森も早いタイミングでの交代で
攻撃の色を強めたがいまいち柏のどこを崩すのかはっきりしなかった。

個々の単発な仕掛けでシュートは増やしたがチャンスもほとんどつくれなかった。

カウンターに依存しているのであのような展開になってしまうとなかなかスコアを動かせないのはしょうがないが
2点目まで先に奪われてしまったら、その傾向は顕著になってしまう。

柏のシュート数が5本で終わったのも相手が余裕を持って守勢に回れた結果だろう。






ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :843回】GW連戦③ | Home | 【toto予想 :842回】GW連戦突入

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する