【2016 J1 1st 第11節:横浜M戦】奇策


16yokohamaM-kofu.jpg


マリノスとは堅いゲームになりがちですけど
甲府は主力に怪我人が多すぎて一部のポジションは出れる選手を出してるという感じですし
マリノスは連敗で調子落としてるとあって
お互い変なミスが多くていつもと違う試合展開になりました。

 






・守備

今日は前節と違ってわりかと541のブロックで向かえ打つ、いつも通りのやりかたでしたが
それでも昨年に比べれば中盤も最終ラインも良い守備をしてるとは言い難い。

特にプレスの連動性がなく、
ボランチが相手のビルトアップに食いついても角度を変えられて簡単に縦パスを通されたり
WBがプレスにいってもワンツーではたかれて3バックの脇を攻略されたりと
昨年からメンバーが変わってるとはいえ、堅守を構築できていない。


メンバーが固定できていないのもあるだろうし
田中あたりは左WB自体まだ慣れてない印象なので時間がもう少し必要かもしれないが
ただ、チーム全体として失点が多く、守備の建て直しは急務。

セットプレーの失点も開幕からこれだけ修正できないとなると
何か抜本的な見直しも必要かもしれない。



・コンバート

今節も大胆なコンバートを試みたが成功か失敗かと問われたら失敗だったと言わざるを得ないだろう。

1トップで起用された熊谷は得点こそ決めたが空中戦ではマリノスの両CBに完敗。
グラウンダーのボールをおさめてカウンターにつなげたポストは1回あったが
機能していたとは言い難い。

(熊谷自信に責任があるわけではないが)
期待していたセットプレーでの高さも結局2失点してしまった。

さらに後半、森によって活性かされた攻撃の変化をみれば
余計に正しい選択だったのか、疑問だ。



もちろん、F東京戦などは平山の高さに負けたので一定の高さは確保しないといけないと思うし
これだけ怪我人が増えればやり繰りが難しいのは理解している。

ただ、松橋のCB、新里のWB起用も同様に中盤やFWの選手を無理して削って
CBの選手を起用するのは如何なものなのか。

まともに紅白戦が出来ないほどのチーム状態でさらに中3日と試合間隔も短いのでは
準備もままならず、普段やらないような事を成功させるには非常に難しいだろう。


しかも、ここ最近の采配は監督が策に溺れているのかと批判したくなるほど
相手の良さを消すことばかりに注力し、却ってチームを混乱させているような気がしてならない。




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :845回】暑い | Home | 【toto予想 :843回】GW連戦③

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する