【2016 J1 1st 第12節:名古屋戦】慢心





勝たなきゃいけない試合でしたけど
前節に続いて熊谷の1トップでも勝ち点1とれたと
ポジティブに考えときます。

でもまた怪我人増えちゃいましたね・・・。
 






・ミスが多い前半

熊谷の1トップなのであまり多くは期待できないし、ビルドアップで丁寧につなげないのは甲府のデフォルトですが
それにしても前半はミスが多くてセットプレー以外なかなか可能性のある攻撃はみられませんでした。

ただ、守備は復帰した土屋が相手より早めに飛ぶなどベテランらしい駆け引きでシモビッチをおさえてましたし
名古屋の攻撃も甲府と同様にミスが多かったり、パスをするのに迷ってたりと
そこまで脅威になるようなものではなかったので試合展開としては五分五分の前半でした。



・2点リードを守れず

クリスティアーノのクロスから熊谷が落として田中が押し込み先制点
森が運んだカウンターからクリスティアーノのシュートを押し込んだ松橋の追加点。

得点はいずれも甲府としては理想的な点の取り方でしたし、
時間帯としても一気に甲府のペースにもっていけるものでしたので
余裕をもって試合を進められると思っていましたが
今の甲府では2点のリードもアドバンテージにはなりませんでした。


2-0になってからの試合運びに問題があったのは言うまでもないですが
空中戦が弱くてセットプレーやクロスで簡単に失点してしまうのは早急に修正しなければいけない。

今日の試合でも後半は川又に松橋、シモビッチに津田がマークしている状況でしたし
空中戦で劣勢になるのが分かっていながら、DFラインが深いまま相手の放り込みを受けるなど
空中戦に対する有効な対策がない。


さらに交代枠の使い方も熊谷と土屋は試合前から90分もたないことが予想できるはずなのに
早めに使い切ってしまい結果、最後1人少ない状況になってしまったし
負傷した保坂も試合展開や相手陣地だったことを考えればそこまで無理する必要があったのか疑問に思う。



怪我人が多いチーム状況はたしかに考慮しなければいけないと思いますが
4試合連続複数失点している今の甲府の守備はとても看過できるものではありません。


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事
【2016 ナビスコ 第5節:神戸戦】調整とテスト | Home | 【toto予想 :845回】暑い

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する