【2016 J1 1st 第13節:磐田戦】名将と迷将




浦和や広島を破った監督だけあって甲府のウィークポイントを的確についてくる名将の貫禄でした。
対して我が監督は相変わらず謎だらけ。


・左サイドの守備

このブログで何回か指摘したことありますがやはり左サイドの守備が良くない。
クリスの守備はもちろんだがワイドに張り出す相手の選手に田中が食いついて
その裏を取られるというのケースが本当に多い。

しかも今日はそのカバーに入るCBが本来WBの松橋では崩されるのも当然。

解説の安永氏が「磐田の攻撃をアーリークロスに誘導した方が良い」という発言をしていましたがそれも1つの手で
ワイドに張っている相手のSBに対してこちらのWBが最終ラインから出るのではなく
我慢して裏のスペースを消していれば1点目のように深く抉られることもない。

仮にフリーでクロスを上げられても今日の磐田はジェイが不在だったし
甲府も土屋が復帰して、それなりに高さで対抗できたはず。


もし、磐田のようにどんどんボールに食らい付いていきたいなら
高い守備意識と連携でもっとハードワークしないと
中途半端に相手にスペースを与えるだけ。

2失点目の松橋も個人の対応になってしまうが奪えると思って間合いを詰めた瞬間に
スピードにのった相手の選手に持ち出されて突破されてしまった。

今季から相手の前線にスピードのある選手がいる時にCBで松橋が起用されているがいい試しがない。
守備はもちろんだし、攻撃でもスペースにスプリント出来る選手がいなくなってサイドにロングボールが入れられない。


また、左右のバランスも改善が必要で
クリスも田中も1.5列目や2列目の選手であって守備はあまり得意ではない。
そういう選手が並んでしまう左サイドはどうしても守備が弱くなる。

柏でもやっていたようにクリスを右サイドにもっていくなど見直すべきだろう。



・ビルドアアップ

相手のプレッシャーが厳しくてなかなか前線に運べないという試合展開はよくあるが
後半のように裏に蹴れば前への意識が強い磐田の守備陣はなかなか跳ね返せない。

チュカやクリスなどフィジカルで優位性があるFWもいるし、セカンドを拾える稲垣もいる。
今日はCBで起用されたが松橋がWBであればサイドのスペースに走らせることも出来る。
仮につながらなくともセカンドボールを拾ったり、スローイングからまたセットできる。

守備でもそうだがそういうことが45分戦って2点ビハインドになってから分かるようでは遅すぎる。

満足に選手を集められるチームではないし、怪我人が多い状況もあるとはいえ
スカウティングや試合前の準備段階で既に負けていたら勝ち点3が遠くなるのも当然だ。


ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事
【2016 ナビスコ 第6節:湘南戦】消化試合ではなかった | Home | 【toto予想 :847回】トゥーロン

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する