【2016 ナビスコ 第6節:湘南戦】消化試合ではなかった

ナビスコの敗退は既に決まっていたものの
怪我人続出でリーグも7戦勝利なし、守備も崩壊気味という最悪なチーム状況でしたので
ただの消化試合にするのではなく、なんとか今の状況を脱したいという意気込みが現れた試合でした。

佐久間監督もテクニカルエリアでずっと指示していましたし
選手達もそれに応えて集中力高く、頑張っていました。

とはいえ攻撃面においては、あれだけ守備にエネルギーを使うと前線へのサポートが遅れがちになるし
ビルドアップもコントロールが難しい浮き球ばかりだったのでなかなかボールが運べずにチャンスがつくれなかった。


前線にラフなボールをいれるならシャドーやボランチの位置をもっと高くしてセカンドを拾える体勢にしないといけないし
ポジションを動かしたくないなら、最終ラインでポゼッションして時間を作るか
橋爪が迎えた決定機のように切り替えを早くして一気にカウンターにつなげるかしないと難しい。

失点が多いのでリスクをなるべく減らしたいのは分かるが
攻撃面でのデメリットをどう改善するかも一緒に考えないと
失点が減っても今度は点が取れずに勝てなくなる。



・復帰と離脱

柴村の復帰は朗報でした。
ボランチのプレーは始めて観ましたが首を良く振って見方や相手の位置を確認してましたし
チャレンジ&カバーの動きもしっかりこなしていました。
橋爪や畑尾のコンバートも模索されましたが彼らよりはずっと可能性のあるプレーでしたので
(左利きとしても貴重ですし)本職のCBやSBとあわせて守備のマルチとして計算できそうです。


対して離脱したのは森。
ナビスコはこれで一段楽するもののリーグでは流れを変える貴重なジョーカーでしたので戦力的に痛い。
森に変わって入った橋爪も目立った活躍ができず、存在感がなかった。

吉野の復帰が待たれるところですが左サイドの守備強化も含めて考えるなら
田中をシャドーにあげるプランを現実的に考えてもよさそう。




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :849回】怪我には注意 | Home | 【2016 J1 1st 第13節:磐田戦】名将と迷将

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する