【2016 J1 1st 第14節:鹿島戦】プラン崩れ打つ手なし



磐田戦からいくつか変えたものの結局は4失点。
プラン通りにいかなかったとはいえ
終盤は覇気も集中力もなく、不甲斐ない試合で終わってしまった。


・超守備的も功を奏さず
他のクラブからみれば甲府の試合はいつも守備的だと思いますが
今日はいつも以上にリスクを負わない進め方でした。

ボールに食いつきすぎて入れ違ったり、ワンツーではたかれたり、バイタルでFKを与えたりといった
今までの課題を修正するべく変化でしたし、鹿島という相手との力量も含めた采配だったでしょう。
クリスティアーノのポジションも左サイドの守備の強化としては概ね理解できます。

もちろん、試合展開は鹿島にボールを保持され、守備一辺倒になるので攻撃は期待できないものの
失点をおさえることに関して前半はある程度、修正の効果はあったように思われましたが・・・・
攻撃を捨ててる以上、少なくとも前半は無失点で終わらなければいけなかった。

そこがまず今日の試合の分かれ目。


次に

・第2のプラン
いつも以上に守備的に入ってるのだから、何故後半早々に2点目をとられてプランが崩れてしまったのか
守備の修正含めて突き詰めていかなきゃいけない課題だが
最初のプランが崩れた時に次のプランがないのもそれはそれで問題。

前線から追っかけてボールを奪うのか、リスク覚悟の上攻めるのか
なんとか個々で頑張ろうとしているものの、結局チームとしてどう反撃していくのかが共有できていない。
選手達も何をしていいのか分からず、迷いながらやってるから何をしてもやりきれない。
ナビスコ湘南戦でプロとしての姿勢や責任感を説いて選手に喝をいれて勝利したが
どう頑張るかは監督が示さなければいけない。

局面、局面を頑張るだけでは問題は何も解決しない。





ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事
【toto予想 :850回】J1はお休み | Home | 【toto予想 :849回】怪我には注意

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する