【2016 J1 1st 第17節:広島戦】情けない


山本、土屋、新井が怪我してるとはいえ
いい加減、守備をどうにかしないとやばいですね。

プレスにいってないわけではないんですが相手のプレーに何かしらの制限をかけれているわけでもないので
ただ単にスペースを空けてるだけで、全く守備をなしてない。

1点目や3点目なんかまさにそうでCBが食いついて空いたスペースから簡単に進入されてる。

また、前線からの守備に関しても広島が自陣深くでボール保持している時に
トップやボランチがプレスにいっているのに最終ラインが5バックで後ろに残ってしまい
中盤のスペースを誰も埋めきれていない。


個人としてもチームとしても課題をあげればキリがないくらい酷いですし
いまだに橋爪をCBで使う理由も理解できません。




攻撃に関しても後半は多少、積極的なプレーが増えましたし
広島の薄いサイドのところで起点をつくってそこから攻撃を仕掛けていく作業は悪くなかったですが
問題は前半で、特に右サイドは横パス、バックパスの繰り返しで消極的なプレーが多すぎました。

きれいにつなげるわけでもないのにロングボールを放り込むこともせず、裏に走るわけでもない。
何がしたかったのか本当に良く分からない前半でした。

後半頑張ったとしても前半の45分をこんなことに使っているようではこの結果も当然だと思います。







ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【2016 J1 2nd 第1節:神戸戦】痛みを伴わない改革は無いが・・・・ | Home | 【toto予想 :855回】1stステージ最終節

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する