【2016 J1 2nd 第1節:神戸戦】痛みを伴わない改革は無いが・・・・


ツイッターで結構実況しながら見てたのでそちらにもいろいろ書きましたが
何かを変えようという意志は感じましたがそれまでに押さえなければいけない問題が放置されていて
チームとして成していませんでした。



とりあえず、ファーストステージの流れを簡単に振り返ると
クリスティアーノを中心とした攻撃はそこそこ点は取れたが
なぜかセットプレーからの失点が増えてなかなか結果がともなわなかった。

それを修正するために試行錯誤していたら満足にメンバーを揃えのも難しいくらい怪我人が重なり
次第に玉際での強さだったり、ハードワークの部分がおろそかになった。
佐久間監督の采配も謎のコンバートや途中交代が増え、結果甲府の代名詞だった堅守が見るも無残に崩壊した。

そしてクリスティアーノが移籍。







(あくまでも今日の試合だけをみた印象になるが)

クリスの移籍もあってか、これまで築き上げてきたサッカーを修正するというより
新しい白紙の状態からつくりあげていくような割り切りを感じた。

実際、失点はいずれもカウンターからで3点中2点は相手陣内の深い場所からパス1本でゴール前まで運ばれており
今までの失点の仕方とは明らかに異なるものだった。

神戸対策でやったようにも思えないし、今までのサッカーから変えようとする意志が働いたのは間違いなさそう。

しかし、新しいものを築くには前と同じ3421のシステムだったり、選手の配置も同じなのでいろいろ無理があった。



さらに、

ハイラインの裏のスペースをどうするのか?
シュートで終われずに途中でボールを失った時のプレッシングをどうするのか?
足元が弱い選手のパスミスをどうカバーするのか? など、

変えようとる意志は理解できたものの全体を通して具体的にデザインされていないことは火を見るより明らかだったので
流石に付け焼刃でどうにかなるほどJ1は甘くはない。



ただ、収穫がないわけでもない。
今日みたいなサッカーならチュカや吉野など足元の技術がある選手はこれまでより輝く可能性が高いし
クリスの後釜として獲得が濃厚なドゥドゥもこういうサッカーの方が合うという想定もあるだろう。


とはいえ、必ずしも技術的に優れたチームではないのでやりきって結果を出すところまでいけるかというと
現実的には難しいだろうし、時間も限られているし、そもそも監督の手腕にも疑問だ。

それでもここまで追い込まれてしまったら、ダメもとで別の手段を模索するという方が
もう少しの間、まだ淡い期待を持ち続けられるかもしれないので
(佐久間監督の決断を肯定しているわけではないが)
匙は投げられたと思って最後の悪あがきを見守ることにする。




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
関連記事
【toto予想 :857回】梅雨はどこへ? | Home | 【2016 J1 1st 第17節:広島戦】情けない

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する