【2016 J1 2nd 第4節:鹿島戦】運はある


チャンスを全て決めたというくらい効率よく点取れたのに勝てず。

とはいえ、前節に続いてかなりのシュートミスに助けられたので内容的にはドローで満足しなきゃいけないが
前節に続いて運に恵まれたのに勝てないのはなかなか厳しい。


ただ、守備は相変わらず酷く、前半のチャンスを鹿島がしっかり決めていれば試合が決まってもおかしくはなかった。

挙げればきりがないくらいに課題はあるのは今更だが今日の試合を観てはっきり思ったことは
今のチームは相手のマークを見すぎて見方をみていない。


1失点目なんかも典型的だったが
低めのポジションをとった遠藤に対して松橋がついていってしまい
WBの津田もサイドに張る西へのアプローチで前に出て裏をとられてしまい
一番肝心なペナ角が誰もいない状況になってしまった。

松橋が自分のポジション捨てて前に出るならWBやリベロはカバーできるポジションに付く
出来ないなら不用意に自分のポジションを空けない。

スピードを武器にしてマンマークの方がやりやすいという松橋をCBで使う監督のチョイスも悪いが
柴崎に対して出来るだけ早くアプローチしたい黒木の動きに対しても周囲が反応していない事実もあるので
選手個人というよりチーム全体の問題であろう。

良く言えば生真面目に相手の動きに反応しているが
攻める側の思惑通りにこちらが動かされてしまって一番危険なエリアが守れないのでは本末転倒だい
攻撃を犠牲にしてまで常に数的優位になるような布陣を敷いてる意味までもなくなる。


逆に疲労が濃くなった後半は相手のフリーランや釣る動きに反応できなくなり
ゴール前を固めることしかできないことが却って相手を攻めづらくさせていたのがいい証拠。


同じポジションで対峙する選手に負けないという意識は良いが
見方同士の距離感やポジショニングがおかしい状況までいってしまうと
本当に個人個人の守備になってしまう。



新外国人のドゥドゥに関してはブラジルで試合に出てたこともあってコンディションがまずいい。
体の強さもあるし、技術的にも優れているし、仕掛ける姿勢も悪くない。
クリスほど研ぎ澄まされてはいないがバランスの良い選手だなと感じたし
何より甲府デビュー戦で点をとったことが大事。



ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事
【toto予想 :861回】summer | Home | 【2016 J1 2nd 第3節:磐田戦】いつ勝ち点3をとりにいくのか

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する