【2016 J1 2nd 第5節:名古屋戦】センターライン


センターラインの安定感ってやっぱり大事ですね。



ドゥドゥに関しては前節に続いて素晴らしいパフォーマンスで前線を引率してくれました。
安定したポストワークで見方を生かすことも出来ますし、1人で強引にしかけることも出来る。
3点目のようにたとえマイボールにならなくとも追いかけますし、守備も手を抜かない。

また、見方のサポートがない時はファールを誘って上手く時間をつくったり
競り合い1つみても相手がクリアしにくいように邪魔したり、駆け引きの上手さもある。

クリスティアーノと違ってプレーの派手さはないものの、シャドーの選手をうまく使いながら
自分も活きているので周囲への好影響やチームへの貢献度は計り知れない。


そういう観点から言えば中盤のパラナや最終ラインの山本も同じで
ここ最近の試合内容から比べれば明らかにチームとしてのまとまりがあったのは
彼らの存在があったからでしょう。


ただ、課題がなかったとは言えず
後半の名古屋のクロス攻勢にはもっと対策が打てたはずですし
疲労が見えていた土屋のところも永井に何回か突破されていたので
そこはしっかり突き詰めていかないところ。




ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ

関連記事
【toto予想 :862回】夏休み | Home | 【toto予想 :861回】summer

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する