【2016 J1 2nd 第7節:川崎戦】淡々と負け


3点差、4点差で負けるのが珍しくなくなったので悔しさもあまりない。
負け慣れをしていることに危機感を覚えなきゃいけないど
今の体制で大きな期待は出来ないから、致し方ない。


松橋のクロス対応や新井の凡ミスも今に始まったことではないが
前半から再三、憲剛から絶妙なスルーパスが出てるのに全く対応しない監督の采配も問題。

前節サイドを破られた反省もあるかもしれないが稲垣をサイドに貼り付けさせたのも
中央を薄くさせて逆効果だった気がしてならない。

ダヴィに関してもフィットネスはあまりよくわからなかったがメンタル的に起用するのは早すぎた。


選手のミスや個々の対応の悪さはいずれも否定できないが
監督がそれをフォローできないのも事実で
いまだに組織が構築できず、頼れるものがなければああいう無力感漂う試合になるのも必然。



ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ


関連記事
【toto予想 :865回】五輪 | Home | 【toto予想 :863回】8月

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する