【2016 J1 2nd 第11節:G大阪戦】置物



前半は戦前の予想とは違って甲府の方が落ち着いてボールを回しながら攻撃していたのに対して
ガンバは甲府3バックのウィークポイントを狙って積極的にサイドからのクロスやセットプレーでチャンスを伺う。

お互い早い時間で1点ずつとりあい、スタッツもほぼ互角ではあったが
チームのスタイルや戦力差を考えれば甲府の方がポジティブな前半だっただろう。


ただ、後半打って変わってガンバペース。

ガンバが前線からのプレスを強めたのに対し、甲府はサポートをする動きが減り、ビルドアップで困る状況が散見。
守備は劣勢になりながらも我慢強くやっていたが奪ったボールを運べないことが問題になっており
それが失点へのリスクを増大させていった。

そのような状態をガンバが見逃してくれるはずもなく
結局、ビルドアップのミスから失点してしまい、それが決勝点となり敗北。


素人目から見ても何が問題なのか明らかに分かったがなぜ対策を打たないのか。

もちろん対策を打っても失点するかもしれないし、それで勝てたかどうかも分からないが
”座して死を待つ―”ではないが何もしないで失点するよりかは納得感がある。

チームの構成でどこが弱点なのか、どこに資金を投入すればいいのか、どこにパワーを集中させればいいのか
GMとしての緻密な戦略やここぞという判断は素晴らしいのに監督としては本当に残念でならない。

選手個々が適切に判断できればいいがそれを補うのが監督の仕事である。

今日の場面でも
盛田を投入してはっきりクリアしろという明確な指示を選手に示すなり
ボランチにビリーを投入してビルドアップの改善と前線への上がりを促すなり
推進力や打開力のある森を投入して、孤立していても力を発揮できそうな選手を投入するなり
いろいろやり方はあると思うが何もしないままでは次につながらない。

残留争いという厳しいプレッシャーはあるかもしれないが
1試合1試合の結果が重要な今だからこそ
試合中に起きている事象、それに対する分析と対策をおろそかにしてはならない。





ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ


関連記事
【toto予想 :874回】ファイナル6 | Home | 【toto予想 :873回】ファイナル7

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する