【2016 J1 2nd 第16節:湘南戦】FKが命運を分けたが・・・


甲府のFKはバーを叩き、湘南のFKはネットを揺らした。


お互い決定機も少なく、試合もどちらかが主導権を握るというような展開にはならず
FKが命運を分けた試合だったが甲府としてはダヴィ、ドゥドゥを併用した効果があまりなかったことが響いた。

奇しくも前日のインタビューにもあったようにどちらかを温存して後半に勝負をかける選択も考えられていた。
試合を観たあとではなおさら、そちらの方が良かったのでは?と感じざるを得ないが
リスクを負って選んだ先発だったにも拘らず、いまいちチーム全体として攻めきる姿勢がなかった方が問題かもしれない。


さらに湘南の方も攻撃が思ったほど速いわけではなく、しかもロングボールが中心だった時間帯もあって
そこまで守備に忙殺されるような試合展開にもならなかった。

むしろ、パスミスや中途半端に放り込んだボールを跳ね返して
甲府がカウンターしやすい状況は多々みられた。


もちろん、湘南の攻→守の切り替えが早くて甲府のカウンターを許さなかったこともひとつあると思うが
攻撃はダヴィやドゥドゥに任せて後ろはリスク回避という意識がどこかにあって
それがセットプレーをとるだけで満足したかのような中途半端な攻撃につながってしまったのではないだろうか。


これで泣いても笑ってもあと1試合。
自力で決められる位置にいられることが不幸中の幸いでもあるがどうなるかは神のみぞ知る。
ただ、今日のような中途半端な姿勢で負けるのは決して受け入れられない。



ブログランキング参加中です。 
応援の1クリックよろしくお願いいたしますm(__)m 
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ


関連記事
【2016 J1 2nd 第17節:鳥栖戦】残留 | Home | 【2016 J1 2nd 第15節:福岡戦】逆転

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する