【2017 J1 第2節:鹿島戦】甲斐のマムシ

 
ポゼッションも出来るし、カウンターも出来る
前線、中盤からハードワークもするし、相手にボール持たせて守備を固めることもできる

まあバランスの良さが鹿島が強いたる所以ですが前節のガンバと比べると余計にそう思いましたね


兵働が小笠原やレオシルバから厳しいチェックを受けたことでボールを預ける場所がなくなり
DFラインからのロングボールも植田、昌二に跳ね返されてなかなか運べない展開が続きました

サイドに打開を見出そうとしても奥深くえぐる回数は少なかったし
出来てもそこからのクロスだったりに精度を欠いてシュートまでいけない

小椋がセカンドボールで鬼神のごとく奪ってなんとか攻撃につなげようとしてましたが
そこからの展開力のなさにはまだまだ課題が残る



前節に比べて奪った時にまずウイルソンをみるというのはチーム全体として意識されていたように感じましたが
あまりにもウイルソン一辺倒ではそれもまた厳しい
河本から堀米にしたこともマイナス面の方が出てしまってあまり上手くいかなかった



守備も金崎やPJの裏を取る動きにどうしてもDFラインを下げさせられてしまうし
早めに潰そうとしてもキープ力やそこからの反転で入れ違われるリスクがあって難しい対応を迫られた

大きく破綻しなかったのは1つ幸いでしたが内容的には完敗なので
(最後追いつけなかったの残念ですが・・・・)結果は妥当でしょう









関連記事
【2017 J1 第3節:浦和戦】ドゥドゥ復帰 | Home | 【2017 J1 第1節:G大阪戦】マイナーチェンジ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する