【2017 J1 第3節:浦和戦】ドゥドゥ復帰


現実的に勝ち点を計算できる相手ではないとはいえ、もう少し際どいゲームが出来たと思いたいです・・・・が
良い方に捉えれば、この試合だけに焦点を当ててないというようなゲームでした。



システムに関して

ガンバ、鹿島相手にはWBが前に出て相手の縦を切りながらその間に3センターがスライドするという守備が
上手く機能していましたが5トップ気味にサイドが高いポジションをとる浦和だと
WBが最終ラインから前に出れず、3センターのスライドだけで中盤のサイドを埋めのはなかなか難しい状況でした。


相手が浦和ということだけで考えればスタートから541でやった方が守りやすかったと思います。


しかし、浦和も柏木がいない影響からかビルドアップが上手くいってない時間帯も多く
時間が経つにつれて532という守備でも安定して始めましたし
その中で松橋のシュートがバーを叩くチャンスなどもあって、いいイメージで前半が終えられた。

そして、迎えた後半。
いい印象で終えられた前半の流れをより自分達のものになるよう
より高いテンションでゲームに入った。

ただ、そこに落とし穴があったように思います。


先日のACLをみても浦和は相手が前から来てくれたほうが前線にスペースが出来てやりやすくなる。
今日の試合でも、特に1失点目はあまり失点するような時間帯ではなかった。
それでも失点してしまった。

必ずしも、終盤まで思惑通りに無失点のままでいけるかどうかは分からないが
後ろで守備を固めながら0-0の時間帯を長くしたほうが浦和もどんどん焦るだろうし
ベンチにドゥドゥという切り札があったことも考えればもう少しじっくり試合を進めたほうがよかったのでは?
と思ってしまう。


しかし、浦和が相手でもチャレンジするところはチャレンジする。
この試合のためだけにシステムを変えなかったことも含めて、そういう狙いがあったのならばその判断を尊重したい。


とはいえ、いざ自分達のボールになっても
守備で目一杯なのか、休む方が先にきてしまってボールを引き出す動きがなかったり
パスしたらパスしっぱなしで次の動きがなかったりとポゼッションすることに怖がってる印象はまだまだ拭えない。
技術的なミスも含めて一夕一朝で身につくものではないが課題が山積みなのは間違いない。


関連記事
【2017 J1 第4節:大宮戦】左サイド | Home | 【2017 J1 第2節:鹿島戦】甲斐のマムシ

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する